MENU

アニメ版十二国記「風の海 迷宮の岸」原作ファンの感想レビュー|原作との違いなど(ネタバレ注意)

2020 5/25
アニメ版十二国記「風の海 迷宮の岸」原作ファンの感想レビュー|原作との違いなど(ネタバレ注意)

私は「十二国記」の長年のファンで、2019年に発売された本編最終巻「白銀の墟 玄の月」まですべて読んでいます。

アニメ化されているのは知っていましたが今まで見る機会がなかったのを、この度、動画配信サービスU-NEXTを利用していっきに見ました。

原作ファンから見たアニメ版十二国記「風の海 迷宮の岸」の感想レビューをまとめました。

原作との違い、ネタバレも多少あると思うので、未読、未視聴の方はご注意ください!

参考小説「風の海 迷宮の岸」あらすじと感想

目次

アニメ版の十二国記とは

「十二国記」とは、小野不由美氏の書く大人気の異世界ファンタジー小説シリーズです。

この十二国記、最新刊が2019年にようやく発売、物語はついに完結したところですが、2002年4月~2003年8月にかけて、NHKにてテレビアニメ化されました。

1話30分弱で全45話。内訳は以下の通りです。

第1話~第14話「月の影 影の海」
第15話~第21話「風の海 迷宮の岸」
第22話書簡
第23話~第39話「風の万里 黎明の空」
第40話乗月
第41話~第45話「東の海神 西の滄海」

アニメが制作された2002年というと、「黄昏の岸 曉の天」が刊行された直後です。

アニメ版十二国記では、本編にあたる物語「月の影 影の海」、「風の海 迷宮の岸」(+「魔性の子」)、「風の万里 黎明の空」までと、スピンオフにあたる「東の海神 西の滄海」までとなっており、シリーズ全体としては物語は未完のまま終了している状態です。

陽子が女仙から聞いた話、として展開される

アニメ版十二国記の主人公はあくまで陽子なんだな、というのを、「風の海 迷宮の岸」を見始めてはっきり認識しました。

原作の十二国記シリーズは陽子と泰麒、2人が主人公で、大きな2つの物語が進行していきます。

しかしアニメ版十二国記はシリーズ執筆途中で書かれたこともあり、おそらく泰麒の物語の先が見えなかったからではないかと思いますが、主人公はあくまで陽子。泰麒は脇役の扱いです。

「風の海 迷宮の岸」は泰麒が王を選ぶ大切な話ですが、アニメ版では陽子が天勅を受けるために蓬山に登った際に、女仙から泰麒の話を聞く、という形で展開されます。

「魔性の子」の内容を織り込んでいる

原作の十二国記シリーズにはepisode0として「魔性の子」という作品があります。ほかの十二国記シリーズとは少々毛色の違う、ホラー色が強い作品です。

この「魔性の子」はアニメ版十二国記では表題としては出てきませんが、内容的には「風の海 迷宮の岸」に盛り込まれています。

原作の「風の海 迷宮の岸」は泰麒が主人公の、泰麒の物語として進みますが、アニメでは陽子が聞いた話として進むため、魔性の子の内容もいくらかピックアップしてて盛り込み、再編集して分かりやすいように仕上げた、というかんじ

参考小説「魔性の子」あらすじと感想

「魔性の子」の広瀬は出てこない・・・が?!

「魔性の子」では神隠しの経験のある影のある少年・高里要(泰麒の日本での名前)の理解者として、教育自習生・広瀬というキャラクターが出てきます。

広瀬は、周囲とうまくなじめなかった自身の高校時代を高里少年と重ね、最後まで彼をかばおうとする重要な役どころですが、この広瀬はアニメでは出てきません。

代わりに、広瀬と似たような役割を果たそうとするのがなんと・・・アニメ「月の影 影の海」で大騒ぎしていた杉本です。

なつめのアイコン画像なつめ

中二病女子高生・杉本です!!

杉本は陽子が王になるのを見届けて、「月の影 影の海」の最後で十二国の世界から日本に帰ってきた後、自分と同じように神隠しあって戻ってきた子がいるという噂を聞いて、高里少年(とその弟)に接触します。

そうはいっても、高里少年からすればいきなり話しかけてきた知らない女子高生なのであって、広瀬の役割、と言っても、広瀬のように高里少年の心の支えのような存在になったとは言い難いのですが・・・

なつめのアイコン画像なつめ

杉本はおそらく重症の中二病からは脱したようなのですが・・・(苦笑)

なお「魔性の子」は泰麒が延王によって連れ戻される直前なので、高里少年は高校生ですが、アニメ版は杉本が接触する関係もあってか、高里少年は中学生です。

泰麒がいまいち可愛くない

アニメ「月の影 影の海」でもどうしようもなく気になった絵の古さですが、「風の海 迷宮の岸」でも引き続き気になってしまいました。

特に泰麒。幼き日の泰麒の可愛らしさは、十二国記シリーズでは非常に大切な要素だと(個人的には)思うのですが・・・

なつめのアイコン画像なつめ

蓬山で過ごす無邪気な泰麒が、いまいち可愛くないときがあるのです!

幼い泰麒は、とにかく可愛いくなくちゃ!と、ちょっと不満です

驍宗のキャラクター設定にやや不満

キャラ設定という点では驍宗もいまいちだなと思っていました。

禁軍将軍であり、自らが王たらんとして昇山した驍宗のイメージは、壮年のいかめしい雰囲気の男性で、ものすごい大男ではない者の、がっしりとした体形で、圧倒されるようなオーラがある、というものだったのですが・・・

なつめのアイコン画像なつめ

妙に若いし、細面でしゅっとしてるし・・・いまいち威圧感に乏しいというか・・・

十二国記の世界では、昇仙した段階で年齢は止まるので、かなり若かったとしても問題はないのですが・・・

なつめのアイコン画像なつめ

あくまで私のイメージとしては、驍宗はだいぶ違いました

鈴が出てくる?!

幼い泰麒が蓬山に滞在している時に、鈴が蓬山にきて泰麒に話しかける、というシーンがアニメ「風の海 迷宮の岸」では出てきます。

鈴は次の「風の万里 黎明の空」の主要キャラクターの1人です。鈴は、原作では「風の万里 黎明の空」で初めて登場しますが、物語の連続性の演出なのか、アニメ「風の海 迷宮の岸」にちらっと登場。

なつめのアイコン画像なつめ

ちょっとびっくりしました 

更夜も出てくる!

鈴と同じく、物語の連続性のためか、犬狼真君(けんろうしんくん)になった更夜が出てきます。

原作では、犬狼真君は「図南の翼」に登場するのですが、「図南の翼」アニメ化はされていないですからね。

次の次に控えるアニメ「東の海神 西の滄海」へのつなぎの意味もあって出てきたのかなと思います

思いの外、女仙達に歓迎されていたのが新鮮でしたが、犬狼真君の住処は黄海なので、ストーリー的にはさほど違和感はありませんでした。

飛燕の姿を初めて認識

十二国記では、妖獣を手懐けた騎獣がよく出てきます。

さまざまな種類があり、実在の動物ではないため挿絵と想像力頼りで脳内補完しながら読み進めるのですが、アニメではこれらが実体化します。

李斎の騎獣・飛燕の姿が、ようやく掴めました

最上の騎銃とされる騶虞(すうぐ)は、挿絵もあり、トラに似た感じ、というイメージができていたのですが、飛燕ははいまいち分かってなかったのです。

なつめのアイコン画像なつめ

羽が生えた大きな犬・・・のイメージがどうもよくわからなくて・・・

飛燕は李斎の大切な騎獣として、たくさん登場するのですけもね。

アニメ版十二国記「風の海 迷宮の岸」原作ファンの感想レビュー まとめ

アニメ版十二国記は、あくまで陽子の物語として展開していくようです。そのため、完全に泰麒の物語である「風の海 迷宮の岸」は、陽子が天勅を受ける前に、蓬山で女仙から聞いた話として、さらっと流された感じです。

どうも幼い泰麒が可愛く見えないカットが多いこと、驍宗さやけに若く、細い感じなのがイメージとだいぶ違うこと、など絵柄に関する不満が残ったのですが、何しろ18年ほども前にアニメの絵に文句を言っても仕方がないですね。

13話分を使った「月の影 影の海」に対し、「風の海 迷宮の岸」は6話分。その中に「魔性の子」の内容まで盛り込んでいるのです。あらすじを追って終了、というくらい、さらっと終わった印象です。

まさかここで、重度の中二病(だった)杉本が再登場するとは思いませんでしたが・・・(苦笑)

当時は原作はシリーズの途中であり、その後の戴国、泰麒がどのような運命をたどるかは全然わかっていない状態だったので、泰麒の扱いが脇役的なのは仕方がないのかなと思います。

まさか18年後に、泰麒の物語が4冊にもわたる大長編で展開し、十二国記シリーズが本編完結するなんて、誰も思っていなかったですしね。

アニメ「十二国記」はここで見られます!

アニメ版十二国記ですが、現在ではいくつかの動画配信サービスで見ることができます。

なつめのアイコン画像なつめ

NHKで放映されたにもかかわらず、NHKオンデマンドでは見られないのでご注意ください

動画配信サービスはそれぞれ特色があり、自分に合ったところを選ぶのが一番なのですが、せっかくなら十二国記以外の動画もついでに見たい、ということであれば、取り扱っている動画が多く、また多岐にわたる「U-NEXT」か「hulu」おすすめです。

アニメが好き、ということであれば、月額料金が税抜400円と安い「dアニメストア」もコスパがいいです。

いずれもお試し無料期間があるため、頑張れば無料期間内に全45話を見切ることも可能。

なつめのアイコン画像なつめ

私はU-NEXTのトライアル期間で一気に見ましたー!

上記3サービスの月額料金と、無料お試し期間をまとめておきます。

動画配信サービス無料お試し期間月額料金
U-NEXT31日間無料税込み2189円
(1200円分のポイント付き)
hulu2週間無料税込み1026円
dアニメストア初月無料(最大31日間)税込み440円

それでは~!

「十二国記シリーズ」関連記事トップへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

なつめの画像
なつめ
2人の男児を育てながら、都内某所でフルタイム勤務中のワーママ。
子供達と日常を楽しく過ごしながら、おもちゃ、子どもイベント、小説などの情報を発信中
目次
閉じる