MENU
こどもちゃれんじの資料請求するなら今!ファミリアのバスタオル全員プレゼント中(2019・2020年度生まれ対象)

【口コミ】カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダー詳細レビュー|インスタントに使えます

2020 3/30

カルディでは、バターコーヒーパウダーという、コーヒーに混ぜるだけでバターコーヒーが出来上がるというお手軽便利な商品が販売されています。

その名も「バターコーヒーパウダー」

とても便利そうな商品ですが、実際のところはどうなのでしょう?味はもちろん、価格や原材料、実際いコーヒーに溶かした様子も併せてご覧ください。

目次

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダー

1箱は2.5g入りが10本入りです。

このような白い粉末で、バターコーヒーパウダーとのとですがコーヒーは入っておらず、つまりはバターパウダーというのが正確なところ。

どこのKALDIでも売っているということでもなく、また取り扱っていても小さめの箱なので、KALDI店舗内では目立たず見つけにくことが多いです。

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーの値段

一袋あたりは税込み494円です

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーの原材料・成分表示

  • バターオイルパウダー(バターオイル・脱脂粉乳・ホエイパウダー)
  • MCTパウダー
  • ミルクカルシウム
  • 香料

書き出すと、以上4つの原材料で、非常にシンプルです。

栄養成分は以下の通り。

脂質1.3gに対してたんぱく質は0.3g、炭水化物は0.4gであり、脂質は多めに含まれていることが分かります。

本品はパウダー状なので、どれくらいの量のMCTオイルやバターが使われていることになるのかはよくわかりません。

バターオイル、と記載されているので、バターではなくギーが使われているのではないと思います。

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーをコーヒーに入れてみる!

さっそく、バターコーヒーパウダーをコーヒーに入れて、バターコーヒーを作ってみましょう!

コーヒーにバターコーヒーパウダーを入れると・・・・・・

なつめ なつめ

ちょっと溶けにくい・・・?

溶けきれず、コーヒーの表面にちょっと浮いている感じです。

味はどうかというと…

なつめ なつめ

…なんかクリープっぽい??

見た通り、完全に溶け切っていないため、飲むと少々こなっぽい感じがします。

この食感と溶け切ってない見た目は、苦手な方は苦手だと思うので、評価は別れそうです。

普段からクリープ使っているなら特に問題はないかと。

普段はブラックだとか、牛乳を入れてカフェオレで飲んでいる場合は、この粉っぽい舌触りは気になると思います。

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーのメリット・デメリット

どんな商品にも、一長一短、メリットとデメリットがあるものです。

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーについてはどうでしょうか?

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダー メリット

  • 持ち運びしやすい
  • 価格が安く買いやすい
  • コーヒー以外にも入れることができる

カルディのバターコーヒーパウダーのメリットの中で一番大きく、特徴的なのは「コーヒー以外にも入れることができる」点です。持ち運びや価格については、ほかにも同じような商品がありますが、私が知っている限り、コーヒー以外にも入れることができるバターコーヒー用のパウダーは カルディのバターコーヒーパウダーのみです

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーのデメリット

  • 溶けにくい
  • 味がいまいち
  • 1杯あたりの価格で考えるとそこまで安くない
  • 売っていない(取扱なし・売る切れ)

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダー詳細・口コミレビュー まとめ

カルディ(KALDI)のバターコーヒーパウダーについては、お友達のリスねえさんにはじめ教えていただきました。

それからカルディに行くたびに探し回っていたのですが・・・

なつめ なつめ

何しろ売っていない!取り扱いがないor売り切れ多発

ようやく見つけて手に入れるまでに時間がかかってしまいました。

レビューの中で私は、溶けにくいだの粉っぽいだの色々言ってしまっていますが、このカルディのバターコーヒーパウダーは紛れもない人気商品なのです。

味や舌触りという点では、少々気になるところはあるのですが、「コーヒーにも、コーヒー意外に煮も入れることができる」というのがカルディのバターコーヒーパウダーの強みであり、今のところ(2020年3月現在)ほかに類似の商品を私は見つけていません。

インスタントバターコーヒーはほかにもあるのですが、バターコーヒー用のパウダーのみ、という商品がないのです。

バターコーヒーには興味があるけれど、そもそもコーヒーが好きじゃない、苦手、体質的に飲めない、という方もいるはずです。

紅茶や、ほうじ茶にバターとMCTオイルを入れて攪拌すれば、バター紅茶やバターほうじ茶になりますが、もっとお手軽に試してみたい、という場合には、 カルディのバターコーヒーパウダーが一番適していると思います。

コーヒーが好き、問題なく飲める、という場合には、1杯あたりの値段は少し(コーヒーの分)上がりますが、チャコールバターコーヒーのほうをおすすめします。税込みでも1杯あたり71円ほど。さほど高くはありません。

お湯を注ぐだけで10秒でできる、まさにインスタントのバターコーヒーで、何より美味しいです。

なつめ なつめ

お試しならAmazonが送料込みでお得、セットでたくさん購入するなら公式からが安くておすすめです

それでは!

「バターコーヒー」関連記事一覧へ

「バターコーヒー」関連はこちらもご覧ください

目次
閉じる
error: Content is protected !!