子どものアトピー・アレルギー

子どものアレルギーは母親のせい? 原因は不明だから悩まなくていい

うちの次男は食物アレルギー持ちです。あまりに乳児湿疹がひどかったため、生後半年ごろにした血液検査で判明しました乳と卵と魚全般です。

ついでに食物ではありませんが犬アレルギーも持っています。

乳と卵は、小さい子どもの食物アレルギーとしてはメジャーだと思います。犬もまあ、聞いたことありますよね。
でも魚って?魚全般って?

乳製品と卵は良く食べてたからとか、言われたらそうかもと思う。

犬は、産後里帰りしてた実家にいたからかなと思う。

でも、魚だけはまったく心当たりないのです。

次男のアレルギーが判明するまで

乳と卵のアレルギーが判明する

次男は乳児湿疹が本当にひどくてぼろぼろのぐちゃぐちゃで、生後半年ごろの血液検査で牛乳と卵のアレルギーが判明しました。

なぜ牛乳と卵の判明がこんなに早いかというと、子どもの食物アレルギーで多いのは乳、たまご、小麦、大豆で、アレルギー検査といえばこれらは必ず検査されるからです。

とりあえず自分を責めましたよね…

なつめ
なつめ
牛乳と卵…思い当たることが多すぎる…

私は乳製品も卵も大好きで、かなり食べていたからです。

離乳食から、乳・卵は完全除去になりました。

母乳からも移行しているらしかったため、私の食事からも。乳・卵を除去しました。

自分を責めていたせいもあって、私の食事についてもかなりストイックに除去しました。

なつめ
なつめ
食事制限はつらかったです…

シラスを食べると目の周りが赤くなる

乳製品、卵がダメですと、動物性タンパク質は魚と肉しかありません。離乳食の基本に従えば、まずは白身魚やシラスからとなります。

離乳食はゆっくり目に始めて、シラスを食べたのは9ヶ月ごろです。

一応食べましたが、そのうち目の周りがなんか赤くなるような気がしていました。しかしまだアレルギーかもとは思っていませんでした。

次に離乳食では定番のカレイ、タラを少しずつ食べていきました。

鮭で蕁麻疹

生後10ヶ月の時、鮭を始めて口に入れた直後、口の周り、首を中心に広範囲にわたる蕁麻疹をだして即中止。ほんの少し、飲み込みもせずすぐに吐き出したにもかかわらず、です。

すごくびっくりしました。

その後、間を置いてタラをあげたところ、食べられていたはずのタラでもじんましん。

さらにカレイでもじんましんをだしたので、もう魚は諦めました。

その後、改めて魚を中心に調べてもらったところ、サケ、タラ、マグロ全て陽性。サケに至ってはクラス4で乳、卵をはるかに上回る値でした。

主治医より、危険だから魚は当面全て禁止と言われました。

カツオ節は食べられる

まだ魚アレルギーが判明する前、出汁としてカツオ節は早めに取り入れていました。

出汁は特に問題なく、オカカご飯も大丈夫でした。

魚全般がダメになった後も、カツオ節だけは変わらず大丈夫なのが不思議です。

ちなみにいりこ出汁はダメなんですよ…

その後の次男

とりあえず1歳過ぎまでは私の母乳のほうも含めて、乳・卵は二人とも完全除去。

魚は本人だけが完全除去で、私は時々食べていました。

1歳6か月ごろから乳の負荷検査を始める

約半年ごとに血液検査をしています。主治医からは、赤ちゃんの食物アレルギーは成長とともに数値は下がる傾向にあるので悲観しないで、と言われておりました。実際、1歳過ぎの血液検査では乳の値はクラス0まで下がりました。

1歳ごろはまだ湿疹が残っていたので様子見とし、1歳半過ぎから、乳の負荷検査を始めました。現在継続中です。

卵、魚はまだ完全除去

全体的にアレルギーの値は下がってはきたものの、乳より価の高い卵(クラス2)と魚(クラス3)はまだ除去を続けています。

 

結局、小さい子どもの食物アレルギーの原因はなんなのか?

今のところ、子どものアレルギー予防のために、母親が妊娠中・授乳中に食事制限することは推奨されていません。

また、乳児期早期からのスキンケアによって食物アレルギーの発症予防効果は証明されていません。

「食物アレルギー診療ガイドライン2016」のコンセンサス参照元:食物アレルギーの診療の手引き2017

それでも赤ちゃんが生まれて、まだ離乳食も始めていないのに子どもに食物アレルギーが判明したら、母親は「自分のせいかも」と思いがちです。

それはそうです。だってまだ何も食べていないのに食物アレルギーだなんて、妊娠中か母乳のせいしかないだろう、と考えたくなります。

最近では、食物アレルギーの原因は経皮感作じゃないかという説が主流です。

そう言われたら今度は母親は、保湿が足りなかったから、と考えてしまいます。

私もそうでした。

乳とたまごのアレルギーが判明した時、私が食べ過ぎたからだと当然のように思いました。

犬アレルギーが判明したとき、犬がいる実家に帰ったからだ、保湿が足りなくて経皮感作したからだ、と思いました。

でも魚アレルギー、それも乳やたまごや犬とは比べものにならない強烈なアレルギーが判明したとき…

は?なんで?と思いました。

うちは魚屋でもありませんし熱帯魚が趣味とかでもありません。

私は魚も食べますが、むしろ肉の方が好きです。

私にも夫にも長男にも、魚アレルギーなんてありません。

遺伝したから、妊娠中に食べ過ぎたからだ、授乳中に食べ過ぎたから、保湿が足りなくて経皮感作したから…

どれもありえない、と思いました。

そう思うと同時に、子どもアレルギーが母親のせいかもしれないと考えても意味がないなと、思いました。

私が何かしていたら、していなかったら、次男の魚アレルギーが防げたとはどうしても思えないのです。

小さい子どもの食物アレルギー、なんらかの原因はあるのでしょう。

でも、結局はよく分からない、原因を確定することはできない、ということです。

アレルギーの原因は特定できない、だから悩まないでいい

私は医者でもないし医療関係者でもないです。

ただの2児の母です。

なので、食物アレルギーの子どもを持つ母親としての、ただの感想です

 

妊娠中、授乳中の母親の食事内容が、子どもアレルギーの原因なのか、というと、そうかもしれないし、そうではないかも知れない。

つまりよくは分からない。

病院できいても、原因は不明です、と言われるだけ。

 

子どもの食物アレルギーの現状ってこんな感じです。

原因が分からないからつい、自分のせいかもって思ってしまう。だって、母親だから。自分のお腹から生まれたから。自分の母乳を飲んで育ったから。

でも、食事内容が影響しているとは思えない状況でも、強めのアレルギーを持ってしまう子どもは確かにいるのです。

それこそ本当に原因不明に。

 

原因不明を、お母さんが全部背負うことはないです。ただでさえアレルギーっ子の育児は、アレルギーのない子に比べて手もかかるし気も使います。

その上罪悪感まで背負うなんて、つらすぎます。

幸い子どもの食物アレルギーは成長とともに改善することが多いです。

まずは、誤食などに気をつけながら、元気に大きくなれるよう、それだけ考えていればいいかなと思っています。

それでは!