子どもとイベント

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会に参加しました【レポ】

長男が、ロボット教室に行きたいと言い出しました。

仲のいいお友達が行くことになったから自分も一緒に行きたい、という、よくある不純な動機です。

そろそろ何か習い事を・・・とは思っていましたがまさかのロボット教室、いったい何をするのかよくわからないので、まずは体験教室に行ってきました!

ロボット教室って、調べると実はいくつかあります。今回参加してきたのは、ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」です。

ヒューマンアカデミーロボット教室のパンフレットヒューマンアカデミーロボット教室のパンフレット

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会の様子をお伝えします!

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会の様子

事前にメールで体験会参加希望を伝えたところ、開いている日時を教えてもらえましたので、その中から行ってきました。私が働いているため、土曜日の午前クラスに参加してきました。

今回、3組の親子の参加でした。我が家の長男は現在年長、年長はもう一人いましたが、残る1人は明らかに長男より小さかったので、年中さんかな、と思います。全員男の子でした。

まず、保護者と子は離れて座る様指示があり、子どもは前方のほうの机へ、保護者は後ろから見守る形になりました。

保護者の手元には体験会の資料一式の入った封筒が置かれていました。

若い男性の先生がさわやかにあいさつの上、本日の予定を話します。

先生
先生
まず、ロボットを一緒に作っていきましょう!今日はどすこいロボです
長男
長男
どすこいろぼー?!

子どものもとに、ブロックのようなパーツが入った箱が配られ、作り方レジュメが渡されます。

先生
先生
この紙を見ながら、頑張って作ってみよう!よく見て作るんだよ!どうしてもわからないときは先生を呼んでね!

 

その後しばらく黙々と制作タイムが続く中、親への説明タイムとなりました。

親への説明

親への説明タイム、とは言っても、子どもからは分からない~といった声がすぐに飛ぶため、落ち着いた説明は特別なかったです。

先生
先生
ロボット教室は、基本的にはこのようにロボットを各自作り、動かし、応用していきます
詳しくはお手元の冊子に書いてありますのでお読みいただければ・・・

親のほうも、わが子がちゃんとロボットが作れるのか気になってしまうので、あまりじっくり資料を読み込んだり質問したり、という雰囲気にはなりませんでした。

配られた資料の内容

さほど多くはありませんでした。

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会で配られた資料の写真ヒューマンアカデミーロボット教室体験会で配られた資料
  • 薄めのパンフレット
  • 入会までの流れ(受講料案内)
  • スケジュール表
  • ロボット教室紹介のチラシ

この程度です。

子どもの様子

ロボットの組み立て、とは言っても、ボルトやナット、ドライバーなどを使うものではなく、ほぼブロックです。

ブロック遊びに非常になれている長男は黙々と組み立てていました。ほかの子も、ロボット教室に興味を示すような子は皆ブロックなどが得意なのかもしれません。

途中飽きることなく組み上げ、最後に電池の動力パーツを組み込んで、無事、動くロボットが完成しました。

出来上がったロボットを3人で動かしながら非常に楽しそうにしていました。

ロボットが出来上がり、少し動かした時点で予定の1時間が終了し、あっさりと解散となりました。

特別、強く教室入会などを勧められることもなく、

楽しかったねーよかったねー、よかったらまた来てねー、ばいばーい、といった感じで、私のほうがむしろ拍子抜けしたくらいです。

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会参加後の感想

なつめ
なつめ
ロボット教室どうだった?
長男
長男
面白かったよ!ロボットはねー、電池で動くからすごいよねー!

長男の感想

ロボット教室参加後、長男に感想を聞いてみたところ、とにかく動くのが面白かった!とのこと。まぁ、予想通りです。

ギアやモーターなど、仕組みで動くものがものすごく好きなので、ロボットの制作よりは、その動きにまずは心奪われたという感じでした。

親から見た感想・良かった点

制作スピードが自由

まず、制作作業が、個人個人のスピードで黙々と進められるのがいいなと思いました。

長男はやや(結構)落ち着きのないタイプな上、凝り性面もあるため、一つ一つ全員で手順を合わせて進んでいくような授業形式では正直難しいだろうなと考えていました。

その点、ヒューマンアカデミーのロボット教室の進め方は、レジュメに沿ってまずは自分で考え、自分のペースで進めていくことができます。

じっくり観察したいところは時間をかけて、さっさと進めたいポイントはあっさりと、など自分でペースを決めることができる点が、我が家の長男には合っているなと思いました。

もちろん授業時間は決まっているため完全に自由というわけではありませんが、自由に進めながらも自分で時間配分するなどといった点も学んでくれるのであれば、親としては大変うれしいです。

授業を受ける練習になる

集中力が続かない(すぐに気がそれる)点も、小学校入学間近としては心配な点でもありますが、今回、1時間それなりに席に座って作業することができました。

小学校入学に向け、授業中立ち歩かないかなど心配が絶えないのですが、ロボット教室の授業で少しでも席について授業を受けるという習慣がついてくれたなら素晴らしいです。

遊び感覚で始められる

はっきり言って、長男をはじめとした参加者の3人の男の子に、何かを学んでいるという意識はなかったと思います。

ほとんどブロック遊びをしている気分でしょう。

しかし常日頃長男を見ていて思うのですが、現状とても、「何かを勉強させる」というのは難しい状態です。やらせられている、という感じが少しでもするとすぐに逃げます。

ロボット教室は、初めの頃は特に、子どもにとっては遊び感覚なので、やらされていう感覚はないと思います。

だからこそ続けられるかな、と思います。

勉強、練習といった事につなげるためには、まずは遊び感覚でもいいので1つのことに集中する経験、時間を与えたいと思います。

その点、男の子(特にやんちゃ系の)の初めての習い事に、ロボット教室はいいんじゃないかなと思いました。

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会 まとめ

ヒューマンアカデミーロボット教室体験会は、本当に体験会、といった感じで、子どもが楽しくロボット遊びをしに行った感じでした。

実際、初めのほうのクラス(未就学児対象)は、このような感じでほとんどブロック遊びをしているような感覚なのだろうなと思います。

ただ、別室で行われていた、小学校中学年くらいが多いクラスでは、ずいぶん大きく高度なロボットをもくもくと組んでいました。皆集中していて、すごいなぁと思いました。

親の私としては、まず、1時間集中して席に座って作業できたことに満足を覚えました。

すぐには成績などには反映されない習い事かもしれませんが、ひとつのことに集中する、席について話を聞く、授業を受ける、という感覚を少しでも身に着つけてくれるならいいな、と思いました。

ヒューマンアカデミーロボット教室の紹介のチラシヒューマンアカデミーロボット教室の紹介 いろんなロボットが載っている

私たちの体験会は3組の参加でしたが、続く午後の会では10組の体験参加者がいるとのことでした。小学校でプログラミング教育が取り入れられることもあり、興味関心を持っているご家庭が多いことがうかがわれます。

ロボット教室はほかにもいくつかありますが、今回参加したヒューマンアカデミーロボット教室の体験会は、押しつけがましい説明などまるでなく、ただただ子どもが楽しんで初めてロボットを作ってみる、保護者はそれを見守るという、まさに体験会でした。

ロボット教室の開講クラスの案内ロボット教室は満室の枠も増えてきている
「ロボット教室」体験授業受付中

教室にもよるとは思いますが、かなり満室のクラスも増えてきているようですので、興味がありましたら是非、一度参加してみるといいと思います!子どもはとても楽しそうでした!

長男
長男
おかあさん!また行きたいよー!
なつめ
なつめ
続けられそう?
長男
長男
だいじょうぶ!だって楽しいもん!

それでは!

「ロボット教室」体験授業受付中