iDeCo

iDeCo(イデコ)のメリットって何?デメリットもあるの?

iDeCoに興味はあるけれど、いまいち一歩踏み出せない。

盛んに進められてはいるけれど、本当にメリットばかりなの?という方のために、簡単にメリット・デメリットをまとめました。

iDeCoについてはこちらも参考にしてください。

悩んでいる女性のイラスト
iDeCoって何?必要なの?難しいことはおいといて、これだけ押さえとけば充分です!必要か、やらなければいけないか、というと、別にそうではないけれど、という話ですが、やった方がいいのか、というと、そりゃその方がいいだろ、...
悩んでいる女性のイラスト
iDeCo(イデコ)はなんで、話題なの?最近よく聞くのには理由がありますこんにちは。ワーママ投資家のなつめです。 それにしても最近(2018年5月です)やたら聞くな、と思いませんか。書店の資産運用コーナーに...

iDeCoのメリットは基本的に2つ

所得控除になる

iDeCoのメリットといえばとにかく大きいのはこれでしょう!私はとにかくこれが欲しかった。
働いて収入がある社会人は、会社だったら基本的には年末調整、自営業だったら確定申告をして、国に、自分の収入を知らせ、そして所得税を払います。
iDeCoの掛け金は全額所得控除になるため、その分所得が少なかったことになり、結果所得税が安くなる。また、住民税は所得額で決めているので、翌年の住民税も安くなる。
この部分に限れば、ノーリスクで節税分のリターンのみが受けられます。

運用益が非課税になる

通常、株にしろ投資信託にしろ、運用で利益が出た場合、約20%の税金がかかります。
が、iDeCoで運用した場合、期間中の運用益については非課税。
これもかなり大きいメリットです。全く投資信託とかやっていないと、いまいち実感しにくいですかね?20パーセントって大きいですよ?仮に10万円の利益が出ていたとして…2万持ってかれるって、まじか?!て思いませんか。

その他

引出し時のメリットもあるようです。が今回は省きます。あくまで積立時のメリットということで!

iDeCoのデメリットは…3つ?

引き出せるのは60歳になってから

年金ですからね。いつでもひき出せるわけじゃない。という意味では自由度は低いです。

手数料がかかる

iDeCo、ただではできないのですよ…。
iDeCoの手数料は大きく2つ。加入時にかかるものと、月々かかるもの。(その他引出し時にかかるものとかは、今回は省きます)

加入時の手数料

まず、加入時に、国民年金基金連合会に2777円支払います。
初回の引き落としの時に自動的に差っ引かれてました。私はこれについてよくわかってなくて、なんで、満額分買えてないの!と思ったわけなんですが、それはつまりこういうこと。
初回の分から、2777円は引かれてるんです。

月々の手数料

これが支払い先が3つに分かれていて、国民年金基金連合会、運営管理機関、信託銀行なんですが、このうち、運営管理機関に支払う運営管理費は、無料にしてくれている金融機関がありますので、よく確認した方がいいと思います。
ちなみに私は楽天証券です。
残る国民年金基金連合会と信託銀行に支払う月々手数料は、楽天証券では、合計167円。これも自動でさっ引かれるものと思われます。

必ずしも増えるとは限らない

ただ、これはデメリットと言えるのかどうか…
なぜなら、リスクを取りたくなければ、定期預金にするという選択肢があるからです。
上記メリットを考えると定期預金という選択肢は、どうかなあ、と思いますが、それでもどうしても心情的にリスクは取れない方もいると思うので…
そうすると、少なくとも手数料分の節税効果がないとマイナスなんですが、これは、多分、節税効果の方が上回る、と思う。たぶん。掛金によってとか収入にもよるから、計算してないけど、たぶん。

 

iDeCoはメリット大きいよ!

いわゆる勤労者(民間企業社員、公務員、自営業)にとって、iDeCoのメリットは大きい、と。私は思います。国が用意したメリットは享受すべきだ!と。
もちろん専業主婦も入れますが、所得税の節税効果はないと思うので、利益分の非課税が中心ですかね。
これだけだって、かなりお得な制度ですけどね。