風の海 迷宮の岸(十二国記episode2・小野不由美)あらすじと感想

TOC

風の海 迷宮の岸(十二国記episode2)あらすじ

主人公・泰麒は蓬山に泰果として実ったが、蝕で蓬莱へと流されてしまい、蓬莱(日本)で10歳まで過ごしていたが、ついに迎えが来て蓬山へ帰山。

実は人間ではなく麒麟だと告げられた泰麒は、でも麒麟としての幼少期がを過ごしていないため、麒麟として持っているはずの能力も自覚もなにも持たずにいる。

麒麟の役目は、王を選ぶこと。泰麒の役目は、泰王を選ぶこと。

そう言われても全然実感が持てない泰麒を待たずして、我こそは王と名乗りを上げた者たちがついに蓬山へ登ってくる。

幼い泰麒は、王を見つけ出し、選ぶことができるのか。

十二国記シリーズepisode2の物語。

風の海 迷宮の岸 (十二国記episode2)感想

十二国記シリーズのもう1人の主人公・泰麒の物語。

泰麒は10歳で蓬山へ戻ってくるのですが、この小さな泰麒がとにかく可愛い。何しろ可愛い。

泰麒、可愛い!泰麒、頑張れ!

と全編通して声援を送りたくなるのが、このepisode2の「風の海 迷宮の岸」です。

十二国記シリーズのエピソード0「魔性の子」をどこで読むのか、このエピソード2「風の海 迷宮の岸」の前で読むかあとで読むかによって、この作品の印象が変わるように思いますが、とりあえず本作の泰麒は可愛らしく、頼りなく、そして成長を感じさせてくれて、読者としては読むのが楽しいです。

泰麒の数奇な運命のなかでも、一番穏やかなときなのではないかと思います。

十二国記シリーズの主人公は陽子と泰麒なので、本作は本編にあたり、避けては通れない物語です。

さほど長くもないので、可愛らしさを存分に味わいながら、ざーっと一気に読んで次へと進んでください。

「十二国記シリーズ」関連記事トップへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Let's share this post!
なつめ
2人の男児を育てながら、都内某所でフルタイム勤務中のワーママ。
子供達と日常を楽しく過ごしながら、おもちゃ、子どもイベント、小説などの情報を発信中
TOC
閉じる