こどもちゃれんじの資料請求するなら今!ファミリアのバスタオル全員プレゼント中(2019・2020年度生まれ対象)

全身性金属アレルギーの症状の出方の特徴【体験談】

2019 8/21

私はおそらく全身性金属アレルギーです。

全身性金属アレルギーとは

食品に含まれる微量金属に反応して、湿疹などのアレルギー症状を起こす病気

おそらく、というのは、いくつも病院を回りましたが結局明確な診断がおりなかったからです。

私と同じように、原因不明の湿疹に悩まされている方、もしかしたら全身性金属アレルギーかもしれないです。

金属アレルギーといえば、ピアスとかネックレスで反応するのでしょ?と思われる方が多いと思いますが、全身性金属アレルギーは食べ物の中に含まれる金属に反応するのです、装飾品を一切つけなくてもアレルギー反応が出ます。

あわせて読みたい
金属アレルギー3種類(接触性・全身性・歯科金属)の解説と主な原因について
金属アレルギー3種類(接触性・全身性・歯科金属)の解説と主な原因について私は金属アレルギーなんですが、正確に言うと、全身性金属アレルギーと言われるものです。金属アレルギーは、アレルギーの原因物質から大まかに3種類に分けられます。...

全身性金属アレルギーの症状の出方について、私の体験談を元に記録します。

もちろん症状の出方は個人差があるとは思います。症例の一つとして参考にしてください。

なお、このページでは、歯科金属アレルギーと全身性金属アレルギーは区別して考えています。

目次

全身性金属アレルギーの場合、症状の出方には波がある

全身性金属アレルギーは食べ物によってアレルギーが起こります。

そのため、通常は食事内容によって症状の出方に波が出ることが多いです。

ただ、基本的には毎日摂取しているもので将校が出ている場合はずっと症状が出っぱなしになります。

具体的な例としては、玄米に反応しているのに毎日玄米食を食べているとか、紅茶やコーヒーに反応しているのに気づかずに飲み続けている、などがあります。

全身性金属アレルギーの反応は原因となる食べ物の摂取からどれくらいの時間ででるのか

全身性金属アレルギーの原因は、食べ物に含まれる微量な金属です。

代表的なものとしては、豆類、ナッツ類などです。

これらの食品を食べてからどれくらいで、湿疹などの症状が出るのでしょうか?

全身性金属アレルギーは現在のところ、それほど周知されていないためかはっきりしたところがいまいちよく分かりませんが、早ければ即、遅いと1週間後に症状が出始めることもあるようです。

私の場合は、症状の出始めは半日から1日後。症状が出始めてから約1日程度は灼熱感やかゆみなど、反応のピーク期間があり、その後収束していきます。

全身性金属アレルギーの症状はどこにでるのか

全身性、と名がつくくらいです。症状は全身どこでも出る可能性があると思われます。

一般的には、手や足に出やすいと言われています。

私の場合は、まずは手の甲や手首、腕の肘から下の部分にでやすいです。

次に脚、首。

さらにひどく反応が出た時は、まぶたや唇などを中心に顔が腫れます。湿疹の範囲も広がり、お腹や胸、背中、お尻あたりにも赤い発疹が広がります。

このようにだいたい法則があるところを見ると、全身性金属アレルギーは全身に出る可能性がありますが、人によって出やすい場所は決まっているのではないかと私は考えています。

全身性金属アレルギーの発疹、湿疹はどのようなものか

全身性金属アレルギーによって出る発疹・湿疹の例として、実際に私に症状が出ている時の写真(近々追加予定)でご紹介します。

手の甲の湿疹

手の甲は、私の場合、一番アレルギー症状が出やすい場所です。

一番はじめに反応が出るのが手の甲ですし、一番ひどくなりやすいのも手の甲です。

理由は不明ですが、右手より左手の方がひどくなりがちです。

指先の湿疹

小さな水泡のようなものが、皮膚の内側にびっしりできています。

これがかゆい!異常にかゆい!

症状としては発疹なのですが、指先の皮膚は厚いため、発疹が表には出ず、内側で発生、このような気持ち悪い水泡状に見えるようです。

腕の湿疹

手の甲の症状がさらに悪化すると腕の方にも広がってきます。

腕は皮膚があまり厚くないせいか、水ぶくれができることがあります。

灼熱感に悩まされるのも腕が多いです。

全身性金属アレルギーの症状の出方について まとめ

全身性金属アレルギーでは実際にどのような症状が出るのか、アレルゲンを含む食べ物を食べてからどのくらいで出るのか、私の体験談として紹介しました。

私は、私以外の全身性金属アレルギーの人に会ったことはありませんが、おそれく症状は人ぞれだろうと思います。上記は、症例の1つだと思ってください。

全身性金属アレルギーの特徴としては

  • 食べ物に起因するため症状には波があることが多い(毎日摂取している場合は別)
  • 原因となる食べ物を食べてから実際症状が出るまで、長時間かかることがある
  • 全身性金属アレルギーは全身どこにでも出る可能性があるが、人によって出やすい場所、順番などの傾向がありそう
  • 強いかゆみや灼熱感などを伴うことがある

全身性金属アレルギーは、皮膚科でもきちんと診断してくれるところはまれですし、まだまだマイナーです。

原因不明の湿疹が続く場合で、上記が当てはまるのであれば、もしかしたら全身性金属アレルギーかもしれません。そうであれば、原因になっている食品を特定して食べないようにすれば、とりあえず症状は治まってくるはずです。

気づかないまま全身性金属アレルギーに苦しんでいる方に、少しでも参考になれば幸いです。

それでは。

関連記事

目次
error: Content is protected !!