小説

のぼうの城(和田竜)あらすじと感想

のぼうの城 あらすじ

戦国期、天下統一目前の豊臣軍の大群に取り囲まれた、北条家の支城、忍城。

城代の成田長親は農民の子にからかわれるほどぼんやりしていて、「のぼう様」などと呼ばれてもへらへらと笑っているような人物。

当然勝ち目のない戦い、北条家からは籠城しろとの通達がきていたが、重臣たちは降伏すべしと意見を固めていたところ、なんと城代長親は、豊臣方の挑発にのり、戦いを決めてしまう…

魅力的なキャラクターと心情描写を楽しむ戦国エンターテイメント

和田竜氏のデビュー作。

物語の下地は忍城攻めという史実です。日本史レベルの低い私は、徳川の北条攻めですらよく分かっておりませんでした。

それでも、登場人物の人間味あふれる心情描写ととテンポのいい文章で、ぐいぐい読み進むことができます。文庫版では上下巻に分かれるのでそれなりにボリュームのある小説ですが、テンポの良い展開と文体が重さを感じさせません。

最後まで中だるみせず一気に読破できる、読みやすい小説です。

ぼんやりしたのぼう様と、脇を固める有能かつキャラの濃い家臣、美人だけど血の気の多い姫…豊臣方の総大将は石田三成、大谷吉継や長束正家といった有名武将が出てきます。

魅力あふれる登場人物の活躍が見ものです。

あくまで史実を曲げずにフィクションを加えてエンタテイメント性の高い小説に仕立てているので、私のように歴史がまるでダメなタイプでも楽しめますし、歴史に詳しい方でも白けることなく楽しめる名作だと思います。

映画化もされました。