iDeCo

iDeCoって何?必要なの?難しいことはおいといて、これだけ押さえとけば充分です!

必要か、やらなければいけないか、というと、別にそうではないけれど、という話ですが、やった方がいいのか、というと、そりゃその方がいいだろ、ってのが私の感じです。
でもいきなりそんな横文字使われてもイメージ湧かないんだよなー、て思いません?
イメージ湧かないと、手を出しにくいんですよね。なんか怪しい気がして。
でも大丈夫、怪しくない。インデックス投資歴2年ほどの私ですが、、私が理解できた範囲でですが1つずつ解説してみます。細かいところは省きますよっ

そもそもそもそもiDeCoて日本語でいうと何?

個人型確定拠出年金のことです。
個人型?ほかにもあるの?となると思うのですがその前に、そもそも確定拠出年金からさらっと説明します。

確定拠出年金て何?401k?

私的年金の1つです。現役時代に、決まった額の掛金を納め(これが拠出)、これを運用していき、老後の年金としよう、というものです。
確定した額を、拠出する、年金。だから確定拠出年金。そのまんまやがな。
年金だから老後(基本60歳まで)引き出せないし、運用だから確実に増えるわけではありません。

個人型?他にもあるの?

確定拠出年金は2種類あります。
個人型と企業型。違いは簡単。誰が掛金を負担するか、です。個人型は個人。企業型は勤めている会社が負担してくれます。
私の勤め先は残念ながら企業型確定拠出年金は導入されていませんでした。

確定拠出年金の歴史

確定拠出年金はアメリカの制度を日本に輸入したもののようですが、まず2001年に企業型が、翌年2002年に個人型が導入。
ですがこの時、個人型に入れるのは、自営業の人と企業型の導入されていない企業の従業員と限定的でした。
私が初めに個人型確定拠出年金を知って検討したのはたしか…2006年とかその頃で、当時の勤め先は、会社法人ではなくて、いわゆる企業、ではなかったのですね。
自営業でもないし企業、でもないし、なんかよく分からんな、よく分からなすぎて勤め先にも言いにくいしなぁって、見送ったのですよ。
その後結婚したり育休とったり、勤め先があれこれ変わったりまた育休取ったりしているうちにどんどん月日は流れ…気付いたらiDeCoなんて名前がついていたのです。

iDeCoの誕生、というか、名前を変えての再デビュー

2017年1月、個人的確定拠出年金は、加入要件を大幅に緩和iDeCo(イデコ)はなんで、話題なの?最近よく聞くのには理由がありますして、iDeCoとして再デビューします。なんか、アイドルみたいだな…
新しく生まれ変わった、みんなのiDeCoをよろしくね!って感じです。
以上がiDeCoの概要です。

結局何がいいの?メリットは?デメリットは?という話は、こちらで。

悩んでいる女性のイラスト
iDeCo(イデコ)のメリットって何?デメリットもあるの?iDeCoに興味はあるけれど、いまいち一歩踏み出せない。 盛んに進められてはいるけれど、本当にメリットばかりなの?という方のために...