おいしいお店

【四代目大野屋氷室】上野で食べる老舗氷屋さんのかき氷

かき氷が好きで、おいしいかき氷ないかなぁと出先ではよく探しています。

本日は科学博物館帰りに上野の隠れ家的?期間限定店で食べてきました!

四代目大野屋氷室

老舗氷屋さんが夏季限定で、上野の路地にあるバーで昼間だけ営むカキ氷屋さん。

上野の駅の方から行くとちょっと分かりにくいのですが、マルイのそばです。看板とかあまり目立たないので、行列していなければ見落とすかもしれません。

四代目大野屋氷室の立て看板

暑い日でしたが、真夏ではなかったせいか日曜の午後で待ち時間20分ほど。

予想ですが、ピーク時には結構並ぶ店だと思うので、これはラッキーだったように思います。

何しろバーなので間口も狭く、カウンター席10脚くらい。

四代目大野屋氷室の店内の様子

椅子が高く動かさないタイプのスツールなので、6歳の長男でギリギリ、これより小さい子だとちょっときついです。

カウンターの中の店員さんが、かき氷をどんどん作って出してくれます。

先に精算、カードはおそらく無理だと思うので、現金のご用意を。

目の前にはイチゴやレモンの特性シロップが並び、豪快に氷が削られて行くのを見ながらかき氷を食べる、かき氷好きには嬉しいシチュエーションです。

四代目大野屋氷室のかき氷メニュー

メニューはスタンダードなラインナップ。

四代目大野屋のかき氷メニュー

日替わり特製シロップもあるようですが、とりあえずほとんど売り切れていました。特製シロップ狙いならもう少し早めに行ったほうがいいかと。

値段は、イチゴやレモン、抹茶といったスタンダードなあたりで600円。

かき氷価格としては、高くないです!すごい!さすが氷屋さん!

四代目大野屋氷室のいちごのかき氷

いつものごとく、基本のいちご。

四代目大野屋氷室のイチゴのかき氷

最近のかき氷は練乳が氷に混ぜ込んであったりとかもありますが、こちらは純粋に氷のみを削ってのかき氷です。乳製品アレルギーの方も安心です。

作り方を見ていましたら、

氷→シロップ→氷→シロップ→氷→シロップ

シロップは3回。たっぷりです。

崩れやすいんで〜と店員さんに言われながら受け取ります。

確かに、これは崩れやすい。

SNOW CROWNが粉雪系だとしたら、こちらは薄氷系。儚い感じです。スプーンでサクサクしたらどんどん崩れて溶けてしまいそうなので、美味しいうちに食べましょう!

練乳なしなので、濃厚というよりさっぱりです。

いちごシロップは果肉がゴロゴロ入ってていて味が濃く、とても美味しい。ザ・イチゴ!

SNOW CROWNのイチゴかき氷
【天然氷のかき氷『SNOW CROWN』】二子玉川ライズで期間限定かき氷かき氷が好きで、おいしいかき氷ないかなぁと出先ではよく探しています。 本日は二子玉川ライズに期間限定で出ているお店で食べてきました...

四代目大野屋氷室のいちごみるく

こちらは長男が注文したいちごみるくです。

四代目大野屋氷室のいちごみるくかき氷

いちごと同じようにつくり、最後に練乳たっぷり。それでも価格は同じ600円です。

味見はしていないので写真だけ。

かわいいです❣️

四代目大野屋氷室の基本情報

店名 四代目大野屋氷室
場所 東京都台東区上野6-14-1 1階 BAR「ヒダリキキ」を間借り
期間 2018年6月1日~9月30日
営業時間 平日:12:00~17:00 土日祝:11:00~17:00(ラストオーダー16:50)
定休日 営業期間中は年中無休
カード ×

四代目大野屋氷室は正統派のかき氷屋さん

今回も私と長男で、いちごといちごみるくを注文しました。

最近多い、スイーツ感の強いかき氷ではなく、正統派のかき氷、さすが氷屋さんのかき氷という感じ。

 

ですがシロップが本格的にすごく美味しいので、子供の頃に食べていたお祭りのかき氷なんかとは全然レベルが違います

スタンダードなラインナップでいてレベルが高いので、最近のスイーツっぽいのでなくて懐かしい感じのかき氷が食べたい、なんて人にはすごく美味しいと思います。

夏季限定ショップで今年は9月末までですが、来年も同じ場所で開店予定とのことです!いつから始まるかは未定なので、ホームページで確認して見てくださいね、といわれました。

四代目大野屋氷室のHP

かき氷の名店はすごい行列のことも多い中、15分くらいで入れてよかったです。

いつもの混み具合は分からないのですが、こちらはもしかしたら穴場的名店?かもしれません!