こどもちゃれんじの資料請求するなら今!ファミリアのバスタオル全員プレゼント中(2019・2020年度生まれ対象)

靴下の穴補修を縫わずに済ませる|手間と時間をかけずに簡単にできます

2019 9/01
靴下の穴補修を縫わずに済ませる|手間と時間をかけずに簡単にできます

靴下って…油断するとすぐ穴が開きますよね?

穴が開いちゃうとみっともないし恥ずかしいので、何とかしなければならないんですが…針と糸を持ち出して縫うのもめんどくさい…

穴のあいた靴下の写真
靴下ってすぐ穴があきます…

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] 出来なくはないんですよ?!でも面倒なんです… [/chat]

かといってさほど古びてもいないので処分するのももったいない…

後でまとめて繕おうかな…なんて思うだけは思ってそっと引き出しにしまわれた靴下はありませんか?

今回、縫わずに靴下の穴をふさぐという商品を試してみたのでご紹介します!なかなか便利でしたよ~

目次

靴下の穴補修を縫わずにするのに使った商品はこれ!

今回、靴下の穴をふさぐのに使ったのはこちらの商品です。

アイロン接着の靴下用補修布のパッケージ写真
アイロン接着の靴下用補修布
アイロン接着の靴下用補修布パッケージ裏面写真
アイロンだけで簡単に補修できるとのこと
なつめ なつめ

まさに、靴下の穴用に作られている商品です

入っているのはこのように、細長い黒い布です。

アイロン接着の靴下用補修布を広げたところ
アイロン接着の靴下用補修布を広げたところ

幅11センチ×長さ32センチとのことですが、念のためはかってみました。

アイロン接着の靴下用補修布を図っているところ
アイロン接着の靴下用補修布を広げたところ

だいたい寸法通りです。長さがぎりぎり、若干短いかもですが、気になるほどではありません。

靴下の穴を縫わずに補修する手順

アイロン接着補修布で靴下の穴をふさぐ手順は簡単です。

穴の大きさ、場所を確認

まず、穴の大きさを確認します。

靴下に開いた穴の写真
まず、穴の大きさを確認します

補修布を丸く切る

穴の大きさより大きめに、補修布を切り取ります。

この時、大きさはぎりぎりではなく、余裕を持った大きさにすること、角は丸くしておくことがポイントです。

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] 角からはがれやすいからです [/chat]

内側からアイロンで接着

補修布は、白っぽい面がノリのついている面です。

アイロン接着の靴下用補修布ののり面の写真
アイロン接着の靴下用補修布、のり面は少し白い

靴下を裏返し、穴に補修布を当てて、あて布をして上からアイロンで押さえつけます。

アイロン接着の靴下用補修布をアイロンで接着しているところ
アイロンはぎゅっと強く押し当てます

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] 剥がれないようにがっちり押さえつけましょう! [/chat]

靴下の穴の補修後の仕上がりはこんな感じ!

補修布をがっちりと靴下にアイロン接着すると、こんな感じになります。

アイロン接着の靴下用補修布を接着したところ
靴下用補修布を接着したところ

黒い靴下に黒い補修布なので分かりにくいですが真ん中あたりが補修布です。

表に返してみるとこんな感じ。

アイロン接着の靴下用補修布で補修した穴の様子
少しだけ、補修布ののりが白く見えている

穴が少々大きかったため、穴の中心から、補修布のノリ面の白っぽい感じが見えてはいますが、履いてしまえば、そこまで目立たないかなぁという感じ。

アイロン接着の靴下用補修布で補修した靴下を履いているところ
履いてしまえば目立たない

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] まじまじと見なければ、穴あきだとわからないと思います! [/chat]

靴下の穴にアイロン接着補修布を使ってみての雑感

切ってアイロンで張るだけなので簡単・時短

手順としては、

  1. 布を切る
  2. アイロンで張り付ける

という2ステップのため、針と糸を持ち出してきて補修するのに比べて圧倒的に簡単ですし、時短です。

技術も不要なので、アイロンさえあれば誰でもできます!

穴が大きいとノリが少し目立つ

アイロン接着の補修布での靴下の穴の補修は、開いてしまった穴をとじる、埋める、といった作業はしません。

あくまで靴下の穴は開いたまま、内側から補修布で覆うことで穴を隠します。

靴下の穴はなるべく広がらないよう、アイロン接着の際、真ん中に寄せるようにしたとしても、大きく穴が開いている場合には、どうしてもその穴から張り付けた補修布のノリ面が見えてしまいます。

補修布のノリ面は、白っぽく見えるため、穴が大きければ、白っぽさも少し目立ってしまいます。

思ったより履き心地は悪くない

靴下のつま先部分に、内側に布が1枚増えるなどと履き心地が悪いのではないかと思っておりましたが、そこまで気にはなりませんでしいた。

補修布は柔らかく良く伸びる素材なので、指先に嫌な感じに当たることもありません。

数回の洗濯後も変化なし

アイロン接着の補修布で穴を直した後、何度洗濯機(ドラム式)で洗濯、乾燥してみましたが、今のところは剥がれておりません。

角を落としたせいもあるかとは思いますが、頑張って張り付いています。

4色はちょっと少ない

こちらの商品、色展開は4種類

  • ベージュ

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] ちょっと少ないような気がするんです… [/chat]

グリーンとかボルドーとか、せめてグレーとかそのあたりの色があるとなおいい…

とはいえ、黒、白、紺があれば、子供のスクールソックスや、男性用の靴下などにはかなり使えると思います。

色が違っても濃色であれば、穴が小さければ黒や紺で対応できそうです。

靴下用のアイロン接着補修布は非常に便利で時短です

今回初めて、アイロン接着の靴下用補修布を買って試してみました。

靴下用というだけあって、伸縮性もあり、肌触りも悪くなく、何より意外ときっちりとくっつきました。

試しに数回選択してみましたが、今のところ剥がれては来ておりません。

欲を言えばもう少し色展開があるとうれしいなぁというところですが、子供、男性用の白や紺、黒といった靴下の穴であれば十分対応は可能かと思います。

穴が大きくなると、いくらふさいでも穴部分は少々目立ってしまうので、穴が開きそう、という時点で先んじて補修布を張り付けるのがおすすめです!

とにかく針と糸を使いたくない、使えないからアイロンだけで何とかしたい、という場合には便利な商品ですよ!

[chat face=”natume-bj.jpg” name=”なつめ” align=”left” border=”gray” bg=”none” ] まだまだ余ってるから、片っ端から靴下の穴を直していきまーす! [/chat]

それでは!

関連記事

目次
error: Content is protected !!