暮らし

インフルエンザになりにくいはずなのになっちゃったのってどんな時?リサーチ結果まとめました!

インフルエンザは誰でもかかる可能性がある、だから予防接種を…というのはよくわかってはいるのですが、それでも、なりやすさには差があると思いませんか?

注射してるのに毎年なるもいれば、注射しようがしまいが全然かからない人もいます。

なつめ
なつめ
たまたまだよ…というには歴然とした差がある気がする…

ちなみに私は、インフルエンザになりにくい、というかならないタイプです。なったことないです。

うちの夫もならないタイプだったのですが、数年前に一度だけかかって寝込みました。

私はインフルエンザのなりやすさなりにくさにすごく興味があって、毎年いろんな人に聞き込みをしています。

すると、普段インフルエンザにならない人が珍しくなる時には共通点があることがわかってきました!

今回は、インフルエンザになりにくいと思っていても、かかってしまったのってどんな時?のリサーチ結果をまとめます!

インフルエンザになりにくい人へのリサーチ結果

今回は、一般的なインフルエンザの発症についてではなく、基本的にはなりにくい人がなってしまったのはどんな時、についてなので、聞き込み結果も基本ならない人に限っています。

うちの夫の場合

インフルエンザなりにくさ 幼少期から大人になるまでかかった記憶なし 予防接種もほぼしなかった
かかった回数 1回
かかったのはどんな時? 転職活動中

バイトの大学生

インフルエンザなりにくさ 家族がかかっても自分には基本うつらない
かかった回数 1回
かかったのはどんな時? 大学受験の年

大学の同期

インフルエンザなりにくさ 家族がかかっても自分には基本うつらない
かかった回数 2回
かかったのはどんな時? 社会人1年めと転職直後

職場の同期

インフルエンザなりにくさ 幼少期から大人になるまでかかった記憶なし 予防接種もほぼしなかった
かかった回数 1回
かかったのはどんな時? 妊娠中期(フルタイム勤務)

職場によく来る業者さん

インフルエンザなりにくさ 家族がかかっても自分には基本うつらない
かかった回数 1回
かかったのはどんな時? 過酷な出張の直後

 

インフルエンザになりにくいはずなのに、なってしまう時の特徴

以上のリサーチ結果をみると一目瞭然です。

インフルエンザになりにくい人が珍しくインフルエンザになる時、それは、かなり疲れている、弱っている時です!

体力が落ちているときももちろんですが、精神的なストレスが過剰にかかっているとき、も含まれます。

多いのが、転職や就職など、新しい環境に入って色々気を使っているときなどです。また、受験の年だけインフルエンザになって辛かった、という人もいました。

妊娠中期というのも、フルタイムで働いていたので体はものすごく疲れていたと思います。

なつめ
なつめ
どう考えても、ストレスと疲れが影響してる…?!

インフルエンザになりにくい人も疲労とストレスは要注意

完全に私見ですが、インフルエンザのなりやすさ、なりにくさは確実にあると思っています。なりにくい人は本当になりにくいのです。

そんなインフルエンザに強い(?)人でも、過度のストレスや疲労がかさんだときにはうつってしまう、元気なときならうつらないのに、体が弱っているとインフルエンザになってしまう、ということがあるようです。

つまり大事なのは、疲れすぎないこと!ストレス溜めすぎないこと!

そんなこと言ってもなかなか難しい…と思われるかもしれませんが、インフルエンザになったら1週間ほどは棒に振ることになります。

なつめ
なつめ
かなりの痛手です…

私はインフルエンザになりにくいから〜と思っている人も、疲れとストレスには是非気をつけて下さい。

ちなみに私はフルタイムで働く男児2人を抱えるワーママです。

もう、毎日をこなすだけでもいっぱいいっぱいです…なので、省ける手間はなるべく省いています。

買い物する時間を減らすためにコープデリに契約してますし…あまりに忙しくなるときには家事代行の導入も考えています!

母親がインフルエンザに倒れたら、家庭内の被害はかなり大きいです。省ける手間はできるだけ省いて、今年もインフルエンザから逃げ切りたいと思っています!

それでは!