暮らし

浅草花やしき165年の歴史をざっくりまとめました|令和で改元10回って?!

令和になった2019年5月、GWも終わったころに久々に浅草花やしきに遊びに行ったところ、こんなポスターを見ました。

花やしきが改元10回目だというポスター
なつめ
なつめ
えー!令和で10回目の改元って、まじ?!

1853年って、いつだ??えーと、江戸時代?!!

恐るべし花やしき。今年(2019年)で開園165周年だそうです。

あまりに衝撃を受けたので、花やしきの歴史を、改元とともにざっくりまとめてみました。

浅草花やしきの歴史 ざっくりまとめ

花やしきの歴史と改元の年表

1848

1855
嘉永孝明天皇1853~
植物園花屋敷、開園
広大な土地に牡丹と菊を配置し、当時の文化人などの憩いの場となる
遊具はブランコのみ
1855

1860
安政
1860

1861
万延
1861

1864
文久
1864

1865
元治
1865

1868
慶応
1868

1912
明治明治天皇1885頃
和洋折衷の自然公園風で、上流階級が主な利用者であったが、徐々に動物、見世物、遊具の設置がされるようになる1904頃~1935
全国有数の動物園として有名
1912

1926
大正大正天皇
1926

1989
昭和昭和天皇1935
戦時のため事実上閉園1939
現在の「じゅらく(聚楽)」が買収「食堂遊園地浅草楽天地」へ→その後遊戯施設「劇場楽天地」となる

1942
強制疎開で取り壊し
→不法占拠される

1947
遊園地「浅草花屋敷」再開

1949
「花やしき」に改名

1953
現存する日本最古のローラーコースター設置

1960
花やしきのシンボルBeeタワー設置

1985
入園料の徴収を開始

1989

2019
平成平成天皇経営母体がつぎつぎにかわっていく

2008
直接の親会社がナムコになる

2016
Beeタワーの引退・解体

現在に至る…

2019
令和令和天皇

浅草花やしきの歴史はまるでジェットコースタのよう

なるほどねー、江戸時代までは天皇1人につき1元号という縛りがなかったため、明治天皇の1代前の孝明天皇時代だけで5回も改元しているのですね…

花やしきといえば、最初からずっと遊園地なのかと思っていましたが、なんとスタートは植物園。

その後動物園になり、食堂になり、強制疎開されたり不法占拠されたりと、いろいろなことを乗り越えて今に至るのだとわかります。

浅草花やしき165年の歴史と改元 まとめ

植物園としてスタートし、動物園になったり食堂になったり、一時は閉園に追い込まれたりもしながら165年。

10回目の改元で令和を迎えた花やしきは、日本最初の遊園地としてますます盛況です。

真新しい、キラキラした乗り物はほとんどないです。

でも子供を連れていくとしみじみ思うのは、花やしきは子連れに優しい、ほんとに程よい遊園地だということです。

2歳児が浅草花やしきで遊園地デビューした感想については近日まとめます。

それでは!

error: Content is protected !!