【口コミ】ローソンのパリとろブリュレは大人向けスイーツ|実食レビュー

行きつけのローソンの冷たいスイーツの棚で見つけた可愛らしいデザート。

なつめのアイコン画像なつめ

何だろうこれ・・・プリン?

ブリュレって、プリンのカラメルを焦がしたやつだっけ…?と試しに買ってきました。

今回はローソンの「パリとろブリュレ」のレビューです。

TOC

ローソンのパリとろブリュレの外観

パリとろブリュレの外観はこんな感じ。

ピンクの容器がポップでかわいいです。

見た感じ、さほど大きく感じません。

ちょっと小腹が空いたかなー、ちょっと食べたいなーと思った時に手を出しやすい大きさです。

ローソンのパリとろブリュレの価格

ローソンのパリとろブリュレの価格は税込み285円です。

この大きさにしてはちょっと高めの値段設定か・・・?という感じ。

高級感のある商品という感じがします。

ローソンのパリとろブリュレの原材料

ローソンのパリとろブリュレの原材料表示はこんな感じ。

見えにくいので書き出します。

油脂加工食品、牛乳、クリーム、卵、糖類(砂糖、水飴、パラチノース)植物油脂、バニラペースト、トレハロース、乳化剤、着色料(カラメル)、香料、pH調整剤、増粘多糖類

無添加無着色系のデザートではありませんが、さほど食品添加物が多いようにも思えません。よくある感じの原材料です。

ローソンのパリとろブリュレの栄養成分表

ローソンのパリとろブリュレの栄養成分表示です

見えにくいので書き出します。

熱量 284kcal
たんぱく質 2.8g
脂質 17.6g
炭水化物 19.7g
食塩相当量 0.1g(推定値)

低カロリー、ローカーボをテーマとしたスイーツではないので、それなりにカロリーなどガツっとあります。

ただ、思ったほど炭水化物、つまり糖質は高くないですね。小麦を使ったスイーツではないからでしょう。

なつめのアイコン画像なつめ

糖質20g以下は悪くないです!

ローソンのパリとろブリュレをさっそく実食!

パッケージを開けてみると、ブリュレの特徴であるカラメルが・・・カチカチです!

このままでは食べにくいので、カラメル層を割ってみます。

結構分厚いので、軽くたたいた程度では割れません。

なつめのアイコン画像なつめ

スプーンで強めにたたいて割りました

この分厚いカラメル層をはがしてみると、こんな感じにカスタード生地が出てきます。

まず、カスタード生地を一口。

生地はまったりとした舌触りで結構甘めですが、固まり切っていないカラメルソースが絡んでいるので少し苦みもあります。

バニラ感強めでなめらか、濃厚な味わい。

次にカラメル層のカケラ。

厚みがあり、歯ごたえがあるカラメル層が普通のブリュレとは一線を画します。

カラメルは苦み強めの大人の味。

なつめのアイコン画像なつめ

甘くてほろ苦…美味しい・・・

コンビニスイーツとしては決して安めの価格帯ではないですが、1つで満足感高めなので、大人のスイーツとしてはいいと思います。

ローソンのパリとろブリュレは大人向けの贅沢スイーツ

ローソンのパリとろブリュレ、ちょっと値段高めだなと正直思っていたのですが、カスタード部分がなめらかで濃厚、ちょっとカチカチすぎだろと思われた焦がしカラメルはほろ苦く、合わせて食べると何とも言えず絶妙な相性なのです。

カスタードだけで食べても満足の甘さ、カラメルだけで食べてもパリパリで美味しく、一緒に食べればもちろんおいしい。

カロリーは248kcal、炭水化物19.7gというのも多すぎないし、ちょっと小さめのこの大きさが大人のデザートとしてちょうどいいようです。

なつめのアイコン画像なつめ

あんまり子ども向けではないですよ〜

甘すぎず、多すぎないので、リピートしたくなるスイーツでした。

それでは~

「ローソンおすすめデザートランキング」へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Let's share this post!
なつめ
2人の男児を育てながら、都内某所でフルタイム勤務中のワーママ。
子供達と日常を楽しく過ごしながら、おもちゃ、子どもイベント、小説などの情報を発信中
TOC
閉じる