暮らし

セブンの厚切りビーフジャーキーは糖質制限中のおやつにぴったり!なによりおいしい!

私はなんちゃって糖質制限をしています。

なんちゃって、というのは、あまり厳密にやってない(基本的に夕食の糖質は抜くようにしている)のと、はじめそれなりに厳しめにやってはみたものの思いのほか体重が減らなかったのでモチベーションが保てていない現状、を如実に表したかんじです。

それでも一応は糖質制限をしたいので、間食の糖質は少ないほどいいに決まっている(間食しなければいいんじゃないの、というのは今回はなしです)

そうなると、次に、どこで、何を買うかという話になります。仕事中、簡単に買いに行けて口に入れやすいもの。

そんな糖質制限おやつですが、ここ最近のお気に入りはこれ「肉の厚さにこだわった厚切りビーフジャーキー

ビーフジャーキーじゃん!お菓子じゃないじゃん!甘くもないじゃん!と、いわれそうですがいいんです。私はこれ、こっそりデスクで食べますから(マジです)おいしいんですよほんとに。

今回は、セブンの厚切りビーフジャーキーの魅力をお伝え致します。

厚切りビーフジャーキーは糖質が少ない

こちらが「肉の厚さにこだわった厚切りビーフジャーキー」です。

そして裏面に注目。大事なポイントはここ。

糖質6.0gと書いてありますね。少ない!1桁!すばらしい!

当たり前ですけどね。ビーフジャーキーは肉ですから。肉の塊ですからね。

ですがここで例えばプリンなどを選択したとしましょう。あっという間に20g位は超えてきますよ。

さらにケーキやらポテトチップスなど、小麦粉やイモを使ったお菓子ですと、簡単に30g位は超えてきます。

それと比べると6gの優秀さったらない。

じゃぁ間食の糖質はどれくらいにおさえればいいの?ことになるんですが・・・少なければ少ないほどいいに決まってます(「なんちゃって」糖質制限なのであんまりちゃんと調べてない)

個人的には、1桁ならいいのでいいのではないか、と考えています。

厚切りビーフジャーキーは食べ応えがある

こちら、厚切りビーフジャーキーのアップです。

ね、この厚み。さすがの厚切りです。そして結構固い。かみ応えがあります。

この厚みとかみ応えですので、そんなに量がなくても満足感があります。

個人的には、小腹をなだめるためにも、よくかんで味わって食べることをおすすめします。

厚切りビーフジャーキーは何よりおいしい

厚切りビーフジャーキーのお味ですがなんというか・・・甘辛い感じです。唐辛子的辛みはほとんどありません。原材料が

  • 牛もも肉
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • みりん

 

と続くので、砂糖しょうゆの味が基本だと思います。

味の好みに関しては人ぞれぞれなので何ともいえないのですが・・・私はこの味が大好きです!

ほかのコンビニのビーフジャーキーなどもいくつか試しましたが、このセブンの「肉の厚さにこだわった厚切りビーフジャーキー」がダントツでおいしい。

ほんと、食べたことのない人には強くお勧めしたいです。

食べてみて!ぜひ!しょっぱいだけがビーフジャーキーじゃないってわかるから!

厚切りビーフジャーキーはちょっと高い

ここまで、厚切りビーフジャーキーのすばらしい点ばかりをあげてきましたが、もちろん、気になる点もなくはない。

こちらが厚切りビーフジャーキー、1袋40gの全量です。

割と少ない。そしてこれで400円ほど。

そう、厚切りビーフジャーキーはちょっとお高い!ハーゲンダッツ1つよりも値段が上なのです!

まぁ、何しろ牛肉ですしね、当然といえば当然なんですが…干されてるから小さくなってるだけでもともとは結構な大きさだったような気もしますが…

これを頻繁に買って食べるとお財布にちょっと響くのです、実は。

だから厚切りビーフジャーキーは、どうしても我慢できないほど何か食べたいとき、に限るようにしています。

厚切りビーフジャーキーは塩分も結構高い

・・・ビーフジャーキーは保存食ですしね。そもそもこれ、おつまみコーナーにおいてありますしね。

当たり前といえば当たり前なんですが、塩分高め。1袋1.9g

だからやっぱり、食べまくるのはやめといた方がいいと思います。おいしいですからね、たくさん食べたいんですけど。

厚切りビーフジャーキーはおつまみコーナーに売ってます

厚切りビーフジャーキーは本来おやつというより酒のあてなので、おつまみコーナーに売ってます。

セブンのおつまみコーナーはこんな感じ。

ここでひとつ注意点が!

セブンには厚切りではないビーフジャーキーもあります!値段も一緒です!

 

間違えて買うとちょっと・・・失敗した感がぬぐいきれません。

 

私のおすすめは「厚切り」の方です。もちろん「ふつう」の方も試しましたけど、「厚切り」の方が断然おいしい。

まぁ食べ物の好みは人それぞれ何で言い切れないのですが、おすすめは「厚切りビーフジャーキー」のほう!(言い切ったやん・・・)

厚切りビーフジャーキーまとめ

厚切りビーフジャーキーのすばらしいところ

  • 糖質が低い
  • おいしい
  • 食べ応えがある

厚切りビーフジャーキーのちょっと気になるところ

  • ちょっとお高い
  • 塩分もちょっと高い
  • 職場で食べてると目立つ(可愛くない・・・)

・・・私は職場で食べているといいましたが、まぁちょっとやっぱり、目立ちます。クッキーなどをおいしそうに食べているのに比べたらやはり、かわいげもないし・・・

というわけで実は隠れてこそこそ食べています・・・

ああでも、本当はそんなことしたら商品に申し訳ないほど、セブンの「厚切りビーフジャーキー」はすばらしいおやつ(ほんとは「つまみ」)なので、やっぱり私はぜひとも皆様にお勧めしたいです。

おいしいんですよ、ほんとに。食べてみて!

 

それでは!

error: Content is protected !!