子どもの日常

男の子の保育園リュックの選び方|おすすめブランド4選

保育園ではある程度(2歳クラスや年少クラスくらい)大きくなると、登園リュックを用意するよう言われることが多いです。
幼稚園と違って決まったバッグがあるわけではないので、各自準備することになります。

子どもが初めて自分で背負うリュック…まだまだ小さい子が頑張って背負って歩く姿はとても可愛いですね。

ついつい、見た目重視で選びたくなりますよね?

私もそうでした。長男が3歳の頃雑貨屋さんのようなところで見つけた、可愛い子供用のリュックを買いました。が!

2ヶ月くらいで買い換える羽目になりました…

その経験から、特に男の子の場合、見た目重視したい気持ちをぐっと抑えて、耐久性重視で選ぶことをおすすめします!

あっさり壊れた可愛いリュック

はじめに言っておきますと、リュックには何の非もありません。
ただただ、使用する側が、リュック側の想定を超えていただけです。

うまくファスナーを開けられなかった当時3歳の長男が、力づくで左右に引っ張ったため、内部が壊れたようで閉まりません…

壊れたリュックサックの写真

男の子の物の扱いはとんでもなく荒い

「男の子のランドセルは6年間もたないこともある」「男子のランドセルは耐久性が命」とか、聞いたことありませんか。

3、4歳くらいの男の子の物の扱いが、小学生より丁寧なわけ、ないんです。

たしかにまだ小さい分、非力ではありますが…その分無茶です。そして不器用です。

引きずる、引っ張る、叩きつける、足場にする、何でもありです。

男の子は可愛いものへの愛着はあまりない

親側は可愛いものを大事に使って欲しいとか思っていますけどね。
彼らを見ている限り、可愛い、綺麗な、新しいものだから、汚れないように大切に扱おう、だなんて思考回路はなさそうです。

わざと壊そうとしてるとかではないんですけどね、そういう配慮、がそもそも頭になさそうです。
長男は年長ですけどいまだにないですからね。

大事にしてるのは、宝物認定されたベイブレードくらいです。

親からいきなり与えられたリュックごとき、彼らは宝物認定しません。

大切にしなさいと言ったところで無駄

それにしてもものをそんなに粗末にしてはいけないのだと、そう指導していけばいいのだ、と思うかもしれませんが。

一応、いえば聞きますよ。お母さんがなんか怒ってる、とわかれば一旦はシュンとしますよね、おそらく。

でも彼らにとって園バッグの運命など些末なものなので、忘れます。男の子はすぐ忘れますよ。

翌日にはかなりの確率で忘れています。
10分後に忘れているなんてこともザラ。期待するだけ虚しい。

男の子に負けない丈夫な保育園リュックを選ぼう!

男の子の特徴(もちろん個人差はありますよ)

  • とりあえず雑、しかも不器用
  • かわいいものだからといって、大事にはしない
  • 大切にしなさいといったところで忘れる、無駄

こんな男の子の保育園リュックです。卒園まで3~4年あることを考えて、見た目より耐久性で選びましょう!

彼らに負けない丈夫なリュックを見つけるのです!

保育園リュックに必要な機能

丈夫さ第一、とはいえ、他に気にすべきポイントがいくつかあります。

チェストベルトは必須

チェストベルトとは、肩紐同士を胸の前で止めるベルトです。

子どもの場合方も小さいので、チェストベルトがないとリュックが肩からずり落ちます。こども用リュックには基本的についているかとは思いますが、ないと本当に使いずらいのでチェックが必要です。

肩紐、背中のクッション性は重要

非力な子どもが背うことを考えると、肩や背中のあたりはできるだけ柔らかいほうがいいです。

肩紐はそれなりに幅広く、肩と背中にあたる部分にはクッション性のある素材が入っているものがおすすめです。

小さな外ポケットなどはあったほうがいい

子どもは整理整頓が苦手です。ポケットは多めにあったほうが便利です。

手軽に使いやすい外ポケットもあると、何かと便利です。

よく使うタオルなどを入れておいたり、提出予定のプリントを挟み込んだりします(見えるところに入れておくと、子どもが提出忘れても保育園の先生が気づいてくれる)

保育園リュックにおすすめはアウトドアブランド

丈夫さと、保育園リュックにあったほうがいい機能面を考えると、アウトドアブランドのリュックがおすすめです。

耐久性はもちろん、全体的に軽く作られているうえ、チェストベルトや肩・背中のクッション性などは、アウトドアブランドのリュックであれば基本性能としてほぼ備えています。

以下、保育園でよく見るアウトドアブランドのリュックです

アウトドア

模様が豊富でお値段お手頃なので、持っている子が多いです。子どもが好きながらを選べます。

コロンビア

我が家はコロンビアを使用しています。

決め手は軽さです。外ポケットもついていて、機能面は必要十分です。

コールマン

一番の特徴は、チェストベルトのバックル部分にホイッスルがついていることです。

これは遭難時などに使うのだとは思いますが、街中で園児はほぼ遭難なんかしないので必要ないのではと思います。

ただ、とりあえず、男の子はピーピー楽しそうに吹きまくります(うるさい)ので、その点考慮したほうがいいです。

ザ・ノース・フェイス

そんなに人数はいませんが、たまに持っている子がいます。

デザインがシンプルで割と渋いせいかもしれません。ですが、それがかえっておしゃれっぽくもありますね。

まとめ アウトドアブランドのリュックのほうがコスパがいい

アウトドアブランドのリュックの値段には幅がありますが、総じて、雑貨屋さんなどで売っているかわいいリュックよりは値段が高いことが多いです。

ですが、やはり丈夫さという面ではアウトドアブランドのほうが圧倒的に上ですので、壊れて買い替える等のことを考えると、アウトドアブランドから選んでおくほうが無難だと思います。

そんな丈夫なアウトドアブランドではあるのですが、長男のリュック、卒園間近にして、壊れぎみ・・・と思っていたらもうダメみたいです。

なつめ
なつめ
今更買いなおしか・・・ 

4年弱・・・もったので、いいほうだ、と思うことにします。本当に扱いが荒いんだな、としみじみ思います・・・

なつめ
なつめ
同じコロンビアの色違いを買うことにしました

 

ちなみに、Amazonで買う場合には、Amazonギフト券チャージタイプを使ったほうがポイントがたまってお得なのでこちらを利用する予定。イメージとしては、エディとかPASMOなどに入金して使うのと同じ感じ。それのAmazon版。

コンビニ、ATM、ネットバンクでのチャージでプライム会員だと最大2.5%もポイントがもらえるというお得な制度です。

プライム会員になっていると、Amazonのほうが送料も気にしなくていいし便利、だけど楽天と違ってポイントつかないしなぁ、と思う場面が多いので、こういう制度があるとすごくうれしいです。

クレジットカード入金だとポイントがつかないのでそこだけは注意です!ネットバンクは使える銀行が限られているので・・・やはり何かのついでにコンビニが一番かもしれません。

とりあえずおすすめしておきます!
それでは!