子供の水遊び用のシューズの選び方とおすすめ7選|マリンシューズが最適、ビーチサンダルはダメ

初夏から秋にかけて…気温が高い時期は子供が水遊びをする機会が増えますよね。

海に行ったり川に行ったり、公園のじゃぶじゃぶ池で遊んだり。

そういう時、子供には何を履かせていますか?

裸足のまま!という方もいらっしゃるかと思いますが、怪我などのリスクを考えると、裸足は避けたほうが無難です。

子供が水遊びをするときには、水遊び用の靴やサンダルが一番です!

今回は、子供の水遊び用の靴・サンダルの選び方についてです。

TOC

海や川での水遊びに、ビーチサンダルやクロックスはダメ

夏場の濡れてもいい靴、となると、思い浮かぶのはまずビーチサンダル、つぎにクロックスという方も多いと思います。

しかし、海や川での本格的水遊びとなると、ビーチサンダルやクロックスは適していません。

ビーチサンダルやクロックスは投げやすいですし、足にフィットしていないので、滑ったり捻ったりして足を痛める可能性が高いです。

特にビーチサンダルは足のつま先や甲の部分はむき出しなので、川や磯など、石の多い場所では怪我をしやすいです。

水遊びに適したシューズは大きく分けて2種類

夏場の水遊びに使えそうな靴はたくさんのメーカーから販売されていますが、その形状から2種類に分けられます。

  • つま先や足の甲、かかと部分のあきが大きいサンダル型
  • つま先がふさがっており、足をすっぽり包むマリンシューズ型

サンダル型、マリンシューズ型、ともにメリットデメリットがありますので、目的に沿って選んでください。

水遊び用のシューズ:サンダル型のメリット・デメリット

メリット

  • 比較的軽い
  • 履きやすい・履かせやすい
  • 砂などが中にたまらず抜けやすい
  • デザインの幅が広く、かわいいものが多い

デメリット

  • 指先やかかとなどに空きが多いので、ケガはしやすい
  • 比較的脱げやすい

水遊び用のシューズ:マリンシューズ型のメリット・デメリット

メリット

  • 指先・かかとなどの露出が少なくケガしにくい
  • しっかりはけて、脱げにくい

デメリット

  • サンダル型に比べると重いことが多い
  • 砂などが中にたまる
  • 形状によっては履きにくい・履かせにくい

遊ぶ場所やシーンによってシューズを考える

水遊び用の靴に関しては、「水遊び」の点のみで考えると、マリンシューズの方が適していると私は考えています。

なつめのアイコン画像なつめ

迷ったらマリンシューズ!

ただ、サンダル型、マリンシューズ型ともにメリットデメリットがあるため、遊ぶ場所やシーンによってどちらが適しているかは変わってきます。

石や貝殻の少ない海や砂浜はサンダル型も可

石や貝殻といった、足を傷つける可能性の高いものが少ない海や砂浜であれば、サンダル型で遊ぶのもありかなと思います。

というのも、マリンシューズ型はどうしても靴の中に砂が溜まってきてしまうので気持ちが悪いです。

サンダル型は砂が抜けやすいため、その点は快適です。

水遊びをして、そのまま街歩きなどもするならサンダル型

公園などでちょっと水遊びをして、そのまま散歩や買い物なども続けたい場合は、サンダルのほうが便利だと思います。

マリンシューズ型は足全部を覆うため、乾きやすいといっても少々水は切れにくく、すぐには乾きません。

サンダル型であれば、真夏であれば歩いている間に乾いてしまいます。

なつめのアイコン画像なつめ

サンダル型のほうがカワイイデザインが多くて、お出かけ着にも合いやすい場合が多いですしね

川遊びや、磯遊びは絶対にマリンシューズで

川や磯など、石がゴロゴロしているような場所では、つま先や足の甲、かかとなどに空きが多いサンダル型ではケガをする可能性が高いので、マリンシューズを強くお勧めします。

足全体を覆う形でフィット感もいいため、岩場など、凹凸の多い場所を歩く際にもサンダルに比べてずれにくく、靴の中で足が滑ったり足をひねったりというリスクも少ないです。

水遊び用のシューズやサンダルのサイズの選び方は?

水遊び用のマリンシューズやサンダルのサイズ選びは、いつもはいている靴とは違いうのか、注意点はあるかシューフィッターさんに聞いてみました。

なつめのアイコン画像なつめ

サンダルやマリンシューズは、サイズはどう選べばいいですか?

シューフィッターのアイコン画像シューフィッター

サンダルやマリンシューズは基本的に素足で履きますので、ジャストサイズで選んでください
普段履いている靴と同じサイズを上限に、ぶかぶかするようでしたらひとつ下げる感じです。
基本的にはいつもと同じサイズで大丈夫だと思いますよ

サンダルやマリンシューズは夏しか使わないため、もったいないのでなんとなく大きめを用意したくなりますが・・・大きめの靴はケガのもとです。

なつめのアイコン画像なつめ

我が家も、結局毎年マリンシューズを買い替えてます

水遊び用サンダルおすすめ3選

水遊び向きのサンダルはたくさん発売されていますが、あえて厳選して3つおすすめいたします。

ニューバランスのキッズサンダル

子供の靴ブランドで非常に人気のあるのがニューバランスです。

保育園の靴箱にもニューバランスのスニーカーがたくさん並びます

こちらのモデルは、足首と指先の根元を面ファスナーでしっかりと調節しながら止めることができるため、脱げにくく、アクティブに遊べます。

ニューバランスの中では比較的価格が抑えめなのもいいです。

瞬足のスポサン

あの、小学生男児に人気の瞬足からもサンダルが発売されています。

何しろデザインが派手カッコいい!!!

長男のアイコン画像長男

オレ、これ欲しい!!!

足首と指の付け根を面ファスナーでしっかり調節可能で、足がしっかり固定されます。

ナイキのジュニアサンレイアジャスト

足首のベルトはなく、足の甲を広く覆う形で面ファスナーで調節可能。

かかと側のベルトが調節可能なため、しっかりフィットします。

足の甲を覆うアッパー素材が柔らかいので、痛くなりにくくておすすめ

水遊び用マリンシューズおすすめ4選

マリンシューズはたくさんのブランドから出ていますが、こちらもあえて4つに厳選しておすすめします。

ニューバランスのキッズサンダル 水陸両用

このモデルは人気で、履いている子をよく見ます。

脚の甲部分のあきがやや気になるものの、つま先やかかとはしっかり覆われたマリンシューズです。

メッシュ素材で軽く、水抜けようの穴が開いていたりインソールが取り外せたりと、さすがのニューバランス、水遊び用の靴の使い勝手が非常に考慮されています。

リーフツアラーのマリンシューズ

お手頃価格で、Amazonでの評価が高く人気商品です。

足をすっぽり覆う形の、これぞマリンシューズという形状で安心。

履き口は面ファスナーで大きくあくため、脱着も容易です。

プーキーズのマリンシューズ

メッシュ素材で軽く作られているマリンシューズ。

足の甲部分は少しあきがあります。その部分を利用して大きく履き口開くため、脱着は容易で履きやすいです。

カラフルな柄のものも選べて可愛い。

ケイパのマリンシューズ

足をすっぽり覆う形状のマリンシューズ。

本人が鮮やかな空色が気に入ったためか、今年の長男のマリンシューズに採用しました。

履き口は面ファスナーで大きく開くので履きやすいです。

子供の水遊び用のシューズの選び方 まとめ

夏の濡れてもいい手軽な靴となると、ビーチサンダルやクロックスが思い浮かびますが、海や川での水遊びには不向きです。

水遊びに最適なのは、私はマリンシューズと考えますが、状況によってはしっかり足にフィットするサンダルでも可能です。

水中は足を滑らしやすいう上、石や貝などで足を傷つけやすいです。

足を怪我したり痛めたりしてしまうと楽しく遊べないですから、足を守るためにも出来るだけマリンシューズやきっちりしたサンダルの着用をお勧めします。

それでは!

夏休みは子供と遊ぼう!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Let's share this post!
なつめ
2人の男児を育てながら、都内某所でフルタイム勤務中のワーママ。
子供達と日常を楽しく過ごしながら、おもちゃ、子どもイベント、小説などの情報を発信中
TOC
閉じる