MENU
こどもちゃれんじの資料請求するなら今!ファミリアのバスタオル全員プレゼント中(2019・2020年度生まれ対象)

【口コミ】ローソンのBASCHEE(バスチー)を食べて見た感想|実食レビュー

2020 4/25

ローソンでよく見るスイーツ「BASCHEE(バスチー)」は、2019年3月26日発売、発売後1年経つ今も人気の衰えない大ヒット商品です。

なつめのアイコン画像なつめ

バスチーの販売って、もう1年も前なんだ?

コンビにスイーツって入れ替わりが早くて、だから1年もヒットし続けてるってかなりのものなんです。

今回はそんなローソンの「BASCHEE(バスチー)」を改めてレビューします

目次

ローソンのBASCHEE(バスチー)の外観

BASCHEE(バスチー)の外観はこんな感じです。

黄色のパッケージがとても派手!スイーツ棚にあっても非常に目を引くんですよね。

ローソンのBASCHEE(バスチー)の価格

ローソンのBASCHEE(バスチー)の価格は税込み215円です。

ローソンのウチカフェスイーツの中では平均的という印象。

特別安くもないですが高くもなく、手に取りやすい価格帯。

ローソンのBASCHEE(バスチー)の原材料

ローソンのBASCHEE(バスチー)の原材料表示です。

見えにくいので書き出します。

クリームチーズ、糖類(砂糖、水飴)、卵、クリーム、牛乳、澱粉、粉末シラップ、チーズフード、プロセスチーズ/トレハロース、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、着色料(カラメル、カロチノイド)乳化剤、香料

クリームチーズ、プロセスチーズ、チーズフードと、とにかくチーズオンパレード。

ちなみにチーズフードは、チーズを含んだ加工品のようです。

澱粉は含まれていますが、小麦は入っていないのが意外な感じです。

ローソンのBASCHEE(バスチー)の栄養成分表

ローソンのBASCHEE(バスチー)の栄養成分表示です

見えにくいので書き出します。

熱量 244kcal
たんぱく質 4.1g
脂質 15.8g
炭水化物 21.9g
食塩相当量 0.3g(推定値)

さぞや高カロリー、高糖質に思えるのですが、実はそこまででもないです。

糖質制限中に向くスイーツではありませんが、主たる原材料がチーズなので、糖質がそこまで高くないんだろうなと思います。

ローソンのBASCHEE(バスチー)をさっそく実食!

パッケージを開けてみると、こんな感じです。

横から見るとこのくらいのサイズ感。

大きくはないのですが、みっしりと中が詰まった感じで、持ってみると思いのほか重く感じます。

紙をはがしてみると、・・・画像からわかるでしょうか。しっとり、ずっしりとした質感の生地です。

さっそく食べてみます。

まず初めに思ったのは、『なんかちょっとプリンっぽい?』です。

一番上の部分はカラメルになっていて、苦みはさほどではないのですがちょっとコーヒーっぽい風味がします。

フォークで切り分けてみると、第一印象そのままの、ぎっきしりと詰まった感触で鵜s。

チーズケーキ部分はパサパサ感はなく、しっとりしていて、それでいて甘さ控えめで食べやすいです。

なつめのアイコン画像なつめ

これは美味しい!ヒットするわけです

原材料を見るとやたらとチーズが入っている印象でしたが、食べた感じのチーズ感は「控えめながらあり」と言ったところ。ぎっしりと重めの質感の割にはあっさりした味で、飽きが来なくていいな、と思いました。

子供も大人も好きそうな味で、さすがのヒット商品、という感じです。

ローソンのBASCHEE(バスチー)は絶妙なバランスがさすが

ローソンのBASCHEE(バスチー)、質感の重さ、味のあっさり加減。重めの質感だから味も濃厚かと思いきや、予想外の食べやすさ。チーズの存在感も主張しすぎないあたり、飽きがこない絶妙な調整がさすがローソンスイーツと言ったところです。

上部が黒く焦げている(カラメルになっている)のがバスクチーズケーキの特徴とのこと、ローソンのBASCHEE(バスチー)もしっかりとカラメルの味がするため、初めて食べた時にはなんとなくプリンにも似ているなぁ、と思いました。

カロリー、糖質はまぁまぁありますが、小麦が主体のスイーツではないので、思ったほどではありません。そのカロリーや糖質に比べると、食べた時の満足感は高めです。

味は濃すぎず、カラメルも苦すぎないので、子供の受けもよさそうです。

それでは~

「ローソンおすすめデザートランキング」へ

目次
閉じる