子どもの日常

1歳児の歯磨き対策 360度歯ブラシが好感触だったのでおすすめ

子どもを虫歯にしないよう日々頑張っていますが、1歳の次男はいま、ものすごい歯磨き嫌いです。

のたうちまわって暴れ、逃げようとするのを、捕まえて押さえ込み、なんとか口に歯ブラシを突っ込みますが、歯磨き嫌いの子は歯ブラシを噛みますよね。

なかなかちゃんと磨かなくて困ってたところ、たまたまロフトで見つけた360度歯ブラシに変えてみたところ、なかなかいい感じなので紹介します。

360度歯ブラシってどういうの?

こういうのです!これは大人用ですけど(ロフトには子供用がなかった…)子供用もあります。

360度歯ブラシの写真

ブラシ部分が、柄を中心にぐるっと360度ついています。だから360度歯ブラシ。

そこまでメジャーではないかも。ドラッグストアに売っているかは微妙です。

ハンズやロフトにはおそらくあります。ネットには売ってます。

360度歯ブラシのいいところ

不思議なことに、抵抗が少ない

理由ははっきりは分かりませんが…口に入れるとき、歯にあてるときの抵抗が少ないです。

普通の歯ブラシのヘッドの、プラスチックの固い感触が、嫌いなのかもしれません。

360度歯ブラシは、ヘッド部分が全部ワシャワシャした毛なので、プラスチックの硬さはありません。

噛まれても動かせる

1歳児くらいだとあまり話も聞いてくれないので、ダメだと言っても歯ブラシを噛みます。

普通の歯ブラシだと、がっちり噛まれると動かしにくいですが、360度歯ブラシは回転することでも磨けるので、噛まれても何とか動かすことができます。

噛まれつつ、ぐるぐると柄を回転させながら動かせれば、何とか磨けます。

歯の裏側が磨きやすい

360度歯ブラシは、特に歯の裏側、内側が磨きやすいです。

普通の歯ブラシだと、歯列の内側に歯ブラシを差し込み、手首を返すように動かして磨きますが、350度歯ブラシはヘッドのすべての部分がブラシなので、そのまま歯にあてて動かせば磨けます。

子どもの口は小さいので、細かく角度を変えなくても裏側が磨けるのは便利です。

360度歯ブラシのイマイチなところ

狭い部分、奥歯の側面などは磨きにくい

ヘッドが大きい分、どうしても奥の方には届きにくい部分はあります。いーの口をして奥歯に差し込むなどの動作はしずらいです。ほほ側にあたる部分にも毛があるからです。

1歳児は口が小さいですからね。そこは意識的に磨き残しのないように頑張らなくてはなりません。

コンビニやドラグストアでは売っていないことが多い

そこまでメジャーではないので、どこでも買えるわけではありません。

私は今回ロフトで買いましたが、ネット通販が便利かも。

買い換えたい、と思ってすぐ手に入る便利さがありません。

1歳児の歯磨き、噛む子に360度歯ブラシは有効

360度歯ブラシは、若干の磨きにくさが残る点で、万能ではないと感じました。しっかりお口を開けてくれるのであれば、普通のヘッド小さめの歯ブラシで、隅々まで磨くほうがきれいになると思います。

でも、すでにかなりの抵抗を見せている1歳児の場合、とりあえず歯磨き、ということに慣れてもらわないといけません。

そういう意味で、360歯ブラシは不思議と抵抗感が少ないためよかったです。

なにせ歯ブラシです。大した価格ではないので、試しに使ってみるとしても、負担が少ないです。

子どもの好みはそれぞれに激しいため、合う子も合わない子もいると思いますが、1歳頃で歯磨きに激しい抵抗を見せているのであれば、一度試してみてください!

もう少し大きい子の歯磨き嫌い対策はこちらにまとめました。ご参考にどうぞ!

歯磨きから逃げる子どもと追うお母さん
幼児の歯磨き嫌いを克服すべし!効果的だった方法、絵本、動画こどもってなんであんなに歯磨きが嫌いなんでしょうねぇ。特に、まだ説得などがあんまり通じない2歳ごろまで。なぜそこまで頑なに…というほど徹...

 

虫歯予防についてはこちらにまとめました!

【虫歯予防】子どもにフッ素塗布は必要なの?危険性とその他の予防法について考える子どもを虫歯から守りたい…切実に思います。 そのためには、日々の歯磨き、食器の使い分け、フッ素塗布、歯磨き粉使用…やるべきことは沢...