子どもの日常

子供が歯磨きを嫌がる!歯磨き嫌いの克服に効果的だった方法、絵本、動画

歯磨きから逃げる子どもと追うお母さん

子供ってなんであんなに歯磨き嫌いなんでしょうねぇ。特に、まだ説得などがあんまり通じない2歳ごろまで。なぜそこまで頑なに…というほど徹底抗戦をしてきます。

むりやり口をぐいっとされて、歯ブラシでごしごしされて、まぁ、いい気分ではないのだろうなとは思うのですが、1歳過ぎてくると乳歯も生えそろってくるしおやつも食べ始めるし、親としては気が気ではありません。

泣かれたって暴れたってぐいっとやるしかないのですが…疲れるのですよ。何とか協力してほしいわけです。子供には歯磨き嫌いを克服してもらわなければなりません。

それでいろいろ手を尽くす日々ですが…いくつかこれは効果的、という方法が見えてきたのでご紹介します。

嫌がる子供におすすめの歯磨き嫌い克服法1 まずは正攻法の工夫から

予備の歯ブラシを持たせて、ぬいぐるみの歯を磨かせる

歯が生えそろってくるころには、歯磨きがどういうことなのか、は分かってくるので、ぬいぐるみの歯(というか口のあたり)を嬉々として磨いてくれたりします。

一緒にやろうね~とか声掛けをすると、機嫌がいいと乗ってきます。

ちなみにうちの次男は、バイキンマンの歯を磨くのが好きです(バイキンマン的にはとても辛かろうと思います)

大人用の歯ブラシを持たせて、親の歯を磨かせる(相互歯磨き状態)

ぬいぐるみなんかでは飽き足らん、となることも多いので、その時はこちらの歯を磨かせてあげます。

あーん、と言って大きく口を開くと、嬉々として磨いてくれます。子供って開いた口に指とか突っ込むの大好きですからね、かなり嬉しそうにやってくれます。そうして夢中になっている隙に、子供の歯も磨く、と。

あーん、と大げさにやってあげると子どももつられて口を開いたりするのですかさずやります。身を屈めて磨かせながら、ですからやりずらいですが、仕方がないです。スピード勝負。

歯磨きの重要性を真剣に教える

1歳を過ぎてくれば、まだあまりしゃべらないとしても言葉はだいぶ聞き取れていることが多いので、説明・説得を試みてみましょう。

とにかく虫歯は怖いもので、みんな一生懸命自分の歯を守らねばならないこと、歯磨きができない子は美味しいもの(おやつ)はもう食べさせてあげられないことを一生懸命伝えてみてください。意外と効果があります。

笑顔で頑張る

どうも、歯磨きを徹底しようと思うがあまり、私たち親の顔が怖くていやだ、という面もあるようなのです。

試しにテンション高く歯ブラシに誘って、楽し気に歯磨きをしてあげるとうまくいく場合があります。

とにかく虫歯にならないように、と真剣になってしまうのですが、ちょっとだけ肩の力を抜いて楽しそうに歯磨きをしてみてください。

いろいろな歯ブラシを試す

なぜ歯磨きがそんなに嫌なのかと子供に聞いてみたところ「痛かったことがある」とのことでした(言葉が片言なので聞き出すの大変でした・・・)

子供の歯ブラシは、探してみるといろいろなタイプがあります。もしかしたら今使っている歯ブラシが嫌なだけかもしれないので、違うタイプを貯めhしてみるというのも手です。

我が家では現在(2019年5月)360度歯ブラシというのを使っています。

次は曲がる歯ブラシや、くねくね歯ブラシを試してみる予定です。

 

嫌がる子供におすすめの歯磨き嫌い克服法2 絵本の力も借りよう

長めの物語も読み聞かせできるようになってきたら、本の力も借ります。

歯磨きを題材にした本はたくさんあるのですが、なぜか、うちの長男がどはまりし、虫歯に対する危機感を募らせた作品がこちら。

どこが特別だったのかはよくわからないのですが、とにかく効果は大きかったです。

著者がドクター・レイコ、とのことで、本当の歯医者さんなのです。やはりプロの目線で書かれているものは違うのでしょうか。

嫌がる子供におすすめの歯磨き嫌い克服法3 時には動画の力も借りよう

動画は、子どもが見入ってしまうのであんまり頼りたくない気持ちもあるのですが、やはり効果的ではあるのですよね。

歯磨き動画もいくつもありますが、うちの子供がふたりとも気に入っているのはこちら。

リズムと声が秀逸です。

歌詞の最後の部分「いい子いい子してちょうだい」という部分が、彼らの心をくすぐる様です。長男はもう5歳ですが、その部分に来るとすり寄ってきます。

 

こちらのはなかっぱの歯磨きの歌も好きです。以前エンディングで使われていたものですが、YouTubeで見られます。

子供の歯磨き嫌い いつの間にか嫌がらなくなりました

長男もものすごく歯磨き嫌いだったのですが、いつの間にか嫌がらずにやってくれるようになりました。まだまだ仕上げ磨きは必須ですが、虫歯になるとドリルで歯を削られる、すごく恐ろしい!と思っているので前向きに取り組みます。

次男はまだ理屈がわかっていないので、ものすごく反抗的ですが、虫歯怖い!と分かってくれるまでは戦うしかありません。

さらに効果的な方法も、探しながら頑張ります!

追記 次男2歳で、なんとか自主的に磨くようになってきました!

1歳代では、何をやっても歯ブラシを見ればのけぞって嫌がってどうにもならなかった次男ですが、2歳になり、少々譲歩の姿勢を見せています。

言葉の理解が進み、美味しいもの(おやつ)と歯の関係が分かってくるにつれ「虫歯になったらおやつが食べられない」という私の言葉に危機を感じた模様です。

イヤイヤながら、時には号泣しながらではありますが、おやつのために何とか口を開けてくれるようになりました。

なつめ
なつめ
歯磨きの意味が分かった、というのが大きいですね

 

虫歯予防については、こちらもご覧ください。

【虫歯予防】子供にフッ素塗布は必要なの?危険性とその他の虫歯予防法について考える子供を虫歯から守りたい…切実に思います。 そのためには、日々の歯磨き、食器の使い分け、フッ素塗布、歯磨き粉使用…やるべきことは沢山...

 

1歳児に360度歯ブラシを試してみた記事はこちらです。360度歯ブラシおすすめです。

嫌がる子の歯磨きの様子
1歳児の歯磨き対策 360度歯ブラシが好感触だったのでおすすめ子どもを虫歯にしないよう日々頑張っていますが、1歳の次男はいま、ものすごい歯磨き嫌いです。 のたうちまわって暴れ、逃げようとするの...

 

error: Content is protected !!