【口コミ】クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用の使用感|歯磨き嫌いに効果あり

子どもを虫歯から守るために、毎日必死に歯磨きをしています。

一時期ましになった次男の歯磨き嫌いですが・・・現在2歳、魔の2歳児になって歯磨き嫌いが復活しました。

なつめのアイコン画像なつめ

2歳児に本気で暴れられると本当に大変です

色々説得したりしましたがなかなか改善されないので・・・また歯ブラシを変えてみることにしました。今度は、クリニカキッズまがる歯ブラシです。

クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用の写真
クリニカキッズまがる歯ブラシ

そうしたらなんと!結構いい感じなのです。子供の抵抗感が減ったようです。どのような歯ブラシかご紹介します。

TOC

クリニカキッズまがる歯ブラシってどういうの?

クリニカキッズまがる歯ブラシの一番の特徴は、左右にぐにゃりとまがる柄です。

クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用の写真、柄はすごく曲がる
クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用の柄はこんなに曲がります

素材はポリプロピレンで柔らかく、力を加えるとくにゃりとまがります。

クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用のパッケージ裏面写真

ライオンの商品で、安心の日本製です。

クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用歯ブラシのいいところ

歯ブラシの柄やヘッドの素材が柔らかい

ポリプロピレンでできた柄は、左右によく曲がります。

前後に曲げようとすると多少抵抗があり、左右に比べれば曲がりにくくなっています。

また、ヘッドの素材も同様のポリプロピレンであり、弾力性のある素材です。

普通の歯ブラシのヘッドの、プラスチックの固い感触が、嫌いなのかもしれません。

ヘッドは小さめ

歯ブラシのヘッドは小さめに作られています。

奥歯を磨くために歯ブラシを奥の方へ進めるのを子供は嫌がりますが、クリニカキッズはヘッドがそもそも小さいため、狭い部分にも届きやすく、結果的に子供の歯ブラシストレスを軽減しているようです。

前向きに取り組んでくれるわけではないですが、シブシブといった表情で、なんとか奥まで磨かせてくれます。

危険が少ないので、子供に持たせて歯ブラシできる

2歳ともなれば、そろそろ自分で磨くことも覚えて欲しいところ。

そう思って歯ブラシを渡してみると、非常に不真面目で、ダメだといっても歯ブラシを口に入れたまま立ち歩こうとします。

なんとか立ち歩きを阻止したとしても、結構暴れるので、そもそも子供に歯ブラシを持たせることじたいが危険です。

なつめのアイコン画像なつめ

でも、2歳頃からそろそろ自分で歯ブラシの練習もさせたいですよね

クリニカキッズ歯ブラシは柄が柔らかく左右にまがるため、歯ブラシで口の中やのどを突いたり傷つけたりという危険が、普通の歯ブラシに比べるとだいぶ少ないです。

クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用のイマイチなところ

柄が曲がるため、狙いが定まりにくい

クリニカキッズまがる歯ブラシの柄は左右に比べて前後には曲がりにくいことは確かなのですが・・・それでも曲がるので、どうしても歯ブラシのヘッドが左右上下に動いてぶれます。

この場所をピンポイントでしっかり磨きたい、と思っても、うまく歯ブラシが当たらないこともありますし、柄がしなるため力も入らないです。

とにかく全体的に磨き残しのないよう、くまなく磨くよう心がけています。

短いので、仕上げ磨きはしにくい

基本的にクリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用は、子供が自分で持って磨くことをコンセプトに作られている製品です。

なので、大人の手には歯ブラシの持ち手が短いのですね。

なつめのアイコン画像なつめ

特に奥歯を磨くのは正直やりにくさはあります

ただ、子供の強烈な抵抗ほど、歯磨きをやりにくくするものはないので、少々仕上げ磨きのしにくさはあっても、嫌がらないでくれさえすれば何とかなる、という感じです。

クリニカキッズまがる歯ブラシのその他の口コミ

ツイッターに、私以外の方のクリニカキッズについての口コミがありましたのでいくつか紹介します。

やはり、この「ぐにゃりとまがる感じ」は、初めて手にした時はびっくりするよなぁ、と思います。

https://twitter.com/ha12na25/status/1104134727689072640

歯ブラシ嫌いの子供に クリニカキッズまがる歯ブラシ0~2歳用 はいい感じ

ぞれまで使っていた360度歯ブラシでも抵抗感が強まってきたため、歯ブラシを変更してみました。

クリニカキッズまがる歯ブラシの特徴は、なんと言っても「すごく曲がる柄」です。

このくねくね具合によって、子供の歯茎に強い力がかかってしまって痛い、ということが減るようで、子供の抵抗感が薄まりました。

ヘッド自体も柔らかめの素材なのも、子供にとっては好ましいようです。

2歳児はなかなか言うことを聞かないため、目を離せば歯ブラシを持ってうろうろしたりもしますし、それを止めようとすれば暴れたりもしますが、柄が曲がるため、転んで強くのどをつくという事故が起こりにくい設計であり、親としては少々安心です。

少し気になる点としては、横方向には曲がりやすく前後方向には少し曲がりにくい構造なので磨きやすい・・・はずですが、それでも結構曲がって力が逃げるため、ピンポイントで磨きたい場所を狙ってもうまくいかない、というところ。

この点は、歯ブラシの柔らかさ故に抵抗感が少ない、ということの裏表なので、致し方ないかなと思っています。

柄が短いため大人が仕上げ磨きをするには少し扱いすらさは感じます。

とにかく、普通の柄のかたい歯ブラシに比べて抵抗が薄れたことは確かなので、歯磨き嫌いで困っている方は、一度試してみてもいいかもですよ!

それでは!

もう少し大きい子の歯磨き嫌い対策はこちらにまとめました。ご参考にどうぞ!

虫歯予防についてはこちらにまとめました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Let's share this post!
なつめ
2人の男児を育てながら、都内某所でフルタイム勤務中のワーママ。
子供達と日常を楽しく過ごしながら、おもちゃ、子どもイベント、小説などの情報を発信中
TOC
閉じる