子どもの日常

子供の手荒れに即効性ある対策法 ハンドクリーム+手袋が最強

子供の手荒れの写真

うちの子供(長男)がやたらと手をかいているので、おかしいなと見てみたらかなり手荒れしていました。

子供の手荒れの写真ひどく荒れている長男の手

 

なつめ
なつめ
いつのまにこんな!
長男
長男
かゆいー
なつめ
なつめ
なんで早く言わないの
長男
長男
だってー

 

どうしても次男に手がかかるため、長男の手荒れにまで気づけてなかったというのが本当のところ。

 

なつめ
なつめ
(やばい、このままでは下手するとまたアトピーっぽくなってしまう)

 

長男は元アトピーっ子なのです

 

なつめ
なつめ
ごめんお母さん気付くの遅れた
長男
長男
なんか痒いんだよ〜
なつめ
なつめ
うんうん、大丈夫、お母さんいい方法知っているから!

 

今回は、子供の手荒れに効く即効性のある対策法、をご紹介します。

大人にも効きます!

子供の手荒れ対策、ハンドクリーム+手袋は効果バツグン

ハンドクリームをべったりと塗って手袋をして寝る。これだけ!

これだけ?と思うかもしれませんが、かなり効果的です。

もちろん大人の手荒れにも効果はありますが、子供は新陳代謝が活発なため、劇的に効きます。

準備するもの

  • コスパのいいハンドクリーム
  • 綿手袋
  • テープなど(なくてもOK)

これだけです!

やり方

お風呂上がって歯なども磨いて、もう寝るだけ、となったあと、手にべったりとハンドクリームを塗ります。

ポイントは、べったり塗ることです。

塗り込むとか、そういうレベルではなく、浸透しきれなかったハンドクリームが表面に残るレベルです。

ハンドクリームをべったり塗った手ハンドクリームはべったりたっぷり塗る
なつめ
なつめ
塗る、というよりは、のせる、伸ばすという感じ

手のひら側は荒れていないなら、手の甲側だけでいいでしょう。ただ指は荒れやすいので、私は指先を中心にべったり塗っています。

満遍なくぬれたら、手袋をつけます。当然手袋にハンドクリームが付きますが、気にせずはめてしまいます。

手袋がぴったりしたものだとつけにくいので、大きめ、大人用のものでも大丈夫です。

必要に応じて、取れないように手首を止めます。

完成です!あとは寝るだけ!

子供の手荒れ対策、ハンドクリーム+手袋の注意点

お手軽なこの方法ですが、いくつか注意点があります。

ハンドクリームはコスパ重視で

どのハンドクリームがいいか、は正直そこまでこだわらなくてもいいと思います。

普段使いしている、コスパのいいもの、荒れたりしない使い慣れたものがいいです。

というのも、べったり塗るため、かなり減りが早いのです。

いいハンドクリームは効果があるとは思うのですが・・・もったいないと少ししかつけないのでは本末転倒!

なつめ
なつめ
思い切りよくたっぷりつけましょう!

 

我が家では主婦のハンドクリームと言ったらやっぱりこれ!ユースキンです。

手袋がハンドクリームまみれになる

べったりつけるのがポイントゆえ、手袋はハンドクリームまみれになって他の用途には使いにくくなります。

ハンドクリームまみれになった手袋

もちろん、洗ってまた使いますが、なかなか日常使いには戻せません。

なので、使い捨てを想定した安い綿手袋や、軍手、もう使わない古い手袋を使いましょう

我が家ではコスパのいい、こちらの手袋を使っています。こどもにはちょっと大きいですが、何とかなります。

ビニール手袋の使用は慎重に

手袋が使い捨てになるのがもったいないとのことで、ビニール手袋などを使う方もいますが、注意が必要です。

ビニール手袋は蒸れるため、人によっては痒くなったりかぶれたりします。

手は思いのほか汗をかいています。ビニール手袋などだと水分を逃がすことができず、手はしっとりを通り越してふやけた状態になります。

肌がふやけた状態が続くというのは、表面が弱くなっているので、決していい状態ではありません。

おすすめは、通気性のいい綿手袋です。

 

子供の手荒れに即効性ある対策法はハンドクリーム+手袋 まとめ

手荒れ、と聞くとやはり主婦が中心かなぁと思われがちですが、子供の手も思った以上に荒れています。

子供は、特に男の子は、手を洗った後ちゃんと手を拭かないこともあるので、特に冬場はすぐに手が荒れてしまうのです。

まして自分から進んでハンドクリームを塗ることなどほとんどないし、親が気づいてあげなければ、あっという間に手がボロボロ、なんてこともあります。

今回ご紹介した「ハンドクリーム+手袋」は、昔から効果があるといわれている方法ですが、子供にもやってみたところ、大人以上のスピードで効果が出ました。

必要なものは、基本的に

  • ハンドクリーム
  • 綿の手袋

だけですし、塗るのも寝る前だけ。

日中頻繁にハンドクリームを塗るように言っても子どもはやってくれませんが、この方法なら大丈夫です。

ぜひ、子供の手を見て、荒れているようだったらやってみてくださいね!

それでは!

 

ちなみに、Amazonで買う場合には、Amazonギフト券チャージタイプを使ったほうがポイントがたまってお得です。イメージとしては、エディとかPASMOなどに入金して使うのと同じ感じ。それのAmazon版。

コンビニ、ATM、ネットバンクでのチャージでプライム会員だと最大2.5%もポイントがもらえるというお得な制度です。

プライム会員になっていると、Amazonのほうが送料も気にしなくていいし便利、だけど楽天と違ってポイントつかないしなぁ、と思う場面が多いので、こういう制度があるとすごくうれしいです。

クレジットカード入金だとポイントがつかないのでそこだけは注意です!ネットバンクは使える銀行が限られているので・・・やはり何かのついでにコンビニが一番かもしれません。

とりあえずおすすめしておきます!

error: Content is protected !!