子どもの日常

赤ちゃん服は何枚着せる?夏は?冬は?枚数や種類のまとめ(新生児〜1歳頃)

生まれたばかりの赤ちゃんの服装って、迷いませんか。
あの弱々しい存在に、できるだけ快適に過ごして欲しいと考えているのに、本当に快適かどうかがよくわからない。
だって喋らないから!
我が家には夏生まれと初冬生まれの子供がいますが、結構迷いました。特に1人目。
ですが2人目の時にはだいぶ分かってきました。
赤ちゃんの服装、そんな複雑じゃない。シンプルに考えればいいんです。

本日は赤ちゃん(新生児から1歳くらいまで)のお洋服のお話。
何枚着せるか。簡単な法則をお伝えします。

赤ちゃんは寒がり?暑がり?分かりにくいワケ

待望の赤ちゃんが生まれていざ退院。

さあ可愛いお洋服を着せよう…でも今この子は寒いの?暑いの?さっぱり分からん!だって喋らないし!

と、なりませんかね?私はなりました。特に1人目。

病院でもらったパンフレットの説明も分かりにくいのだもの。

赤ちゃんの服装基本原則4つ

病院でもらう説明にも、育児本にも雑誌にも、たいてい書いてあることは以下4つ。

  • 新生児は大人より一枚多く着せましょう
  • 1か月~3ヶ月頃までの赤ちゃんは、大人と同じ枚数着せましょう
  • 4ヶ月頃からの赤ちゃんは暑がりです。大人より一枚少なめにしましょう
  • 布団も一枚と数えましょう

この、3ヶ月とか4ヶ月は、場合によってやや幅があります。ですが基本はこのように、生まれたては一枚多く、成長したら一枚少なく、です。

でも大人より一枚多くとか少なくとか、そもそも大人の着てる服も幅が大きいですしね?私と夫では体感温度がだいぶ違います。基準が曖昧です。分かるわけない。

しかも布団は服の一枚って言われてもね?

経験上、そんな深く考えなくていいんだな、という感じ

そもそも生後3ヶ月までなんて寝返りもしないので基本寝てるんですよ。

寝てる赤ちゃんに布団を一枚。これ自然なこと。
一枚多く着せるってその程度。

4ヶ月過ぎてくれば起きてる時間も増えるので布団かけてる時間も減りますから、自然と一枚減ります。

結局何枚着せるべき?赤ちゃん服の枚数の目安(基準:東京)

1歳くらいまでの赤ちゃんの服装です。

  • 夏1枚
  • 冬3枚
  • 春、秋2枚

東京周辺でしたらこれでだいたい大丈夫です。

夏の服装

新生児から6ヶ月くらいまでは肌着一枚で十分です。東京の夏は暑いですからね、クーラーでガンガンに冷やさない限り大丈夫です。

足までおおってはだけないコンビ肌着がおすすめ。

6ヶ月以降ですと、寝返りなどもしますので、ボディ肌着+レギンスとかがすっきりしていていいかと思います。

冬の服装

室内では、新生児から6ヶ月くらいまでは短肌着+コンビ肌着+カバーオールにしていました。
カバーオールは普通のフライス生地などで、特別分厚いものは私は着せませんでした。

3か月頃までは上から毛布をかけていました。

その後は寒いようでしたらベストなど。夜はスリーパーを着せてあげてもいいと思います。

外出時は、上からダウンのつなぎ(主にユニクロ)など着せていました。

春と秋の服装

室内では新生児から1歳くらいまでコンビ肌着+カバーオール。
3か月頃までは上から毛布かタオルケットなどを。

外出時は上からカーディガンなどを羽織らせたり抱っこ紐に入れて上から軽く覆ったり。
夜はスリーパーを使うと安心です。

赤ちゃんが暑がりなのは本当です

我が家もそうでしたが、祖父母の世代はとにかく厚着させたがる傾向があるようなので、注意が必要です。

夏に重ね着などさせたら汗疹だらけになってしまうし、冬だからと言って4枚も5枚も着せたらのぼせて危ないです。

最近の家はたいていエアコン完備でしょうから、薄めに着せておいて室温で調整した方が楽ですよ。