子どもの日常

出産準備を最低限に|退院直後に本当に必要なものをリストアップ

はじめての出産だと、本当に必要なものはなんなのか分からないですよね。

お店でもらうリストに従って余計なものまで揃えてしまったり。

退院直後、新生時期に必要なものを最低限リストアップしてみました。

あとのものは、必要ならおいおい揃えればいいんです。

出産準備品の最低限 とにかくこれだけは揃えよう

ベビ服の準備

退院したその日から必要なもの

オムツ(新生児サイズ)

必需品です。新生児はオムツ替え頻度が高いので、あっという間に減っていきますが、すぐにSサイズにサイズアップので、買い過ぎに注意。

なつめ
なつめ
  産院はパンパースを使っているところが多いですね

 

おしりふき

こちらも必需品。ずっと使うので、まとめ買いしても大丈夫。

 

赤ちゃんの布団

すごくふかふかなどでなければ、必ずしも赤ちゃん用布団でなくても大丈夫です。窒息防止のためにも、ママとは別の布団に寝かせた方が安全です。

赤ちゃん布団は固めマットレスが多いです。私は普通の綿布団で2人とも育てましたが背骨はまっすぐです。

各家庭のご判断に任せます。

 

コンビ肌着

万能・コンビ肌着。吐き戻しなどで着替えも多いので、ある程度の数を揃えた方が安心です。

 

短肌着

秋冬生まれで、低月齢で冬を越す場合。

春から秋はコンビ肌着だけあれば対応可能です。

コンビ肌着2枚重ねで構わなければ、短肌着はなくても構いません。

 

2wayオール

ベビードレスにもカバーオールにもなる、新生児服の基本。

着れなくなるのも早いです。洗濯も多いので枚数には悩みますが、50センチの服の買い過ぎには注意。

ガーゼのハンカチ

顔を拭いたりお風呂で使ったり、首に巻いたりと出番は多いです。やや大判の方が使いやすいです。

なつめ
なつめ
エイデンアンドアネイのガーゼハンカチは少し大きいので便利

 

粉ミルク・哺乳瓶・哺乳瓶消毒用品

混合、もしくは完ミで、ミルクをあげる必要がある人は、ですね。

私も一応一通り準備しましたが、ほぼ使用しませんでした。

 

ベビーバス

シンクなどで代用できると書いてあることがありますが、使った方が安心です。安全のために。

 

保湿用クリーム等

赤ちゃんの保湿が、アレルギー予防には有効と言われているので、合うものを塗ればいいです。

 

母乳パッド

これも人によりけりなのですが…私は生産過剰気味だったので、必須でした。

 

ベビーソープ・ベビーシャンプー

低刺激なもので、合うのを使えば良いです。

我が家は全身用シャンプーというもので頭も洗っていたら、脂が取りきれなくてギトギトになったので、いわゆるシャンプーを別に揃えました。

体温計

普通の大人用のでいいです。

入院中助産師さんに、赤ちゃん用の体温計持ってません、と言ったら、「そんなのいりません。人間用ならなんでも。赤ちゃんも普通の、人間なので」と、言われて、そりゃそうだと恥ずかしかった記憶があります。

 

 

こんなものかな。 最低限衣食住を整えればいい、と考えると実はそんなに多くないです。

退院したら徐々に揃えればいいもの

  1. 赤ちゃんの爪切り
  2. 赤ちゃん綿棒
  3. 抱っこ紐・スリングなど
  4. 帽子・靴下
  5. ベビーカー

この辺りは必須かと。あとは、あると便利だけどなくてもなんとかなるもの、です。

赤ちゃんの爪切りは、爪やすりがすごく便利です。こちらで熱く紹介しています。

【赤ちゃんの爪切り】電動爪やすり、新生児から使えて最高!怖くも難しくもないよ!赤ちゃんが生まれました!退院しました!やることがたくさんある中でさらっと。 赤ちゃんの爪はこまめに切りましょう、とか書いてあります...

授乳服についてはこちらもどうぞ。

授乳服は本当に必要?母乳育児でも普段はいらない理由と例外的な場面出産準備で迷うもののひとつが授乳服です。 授乳服はフォーマル用だけあれば十分な理由をまとめました。...

出産準備、初めは最低限でOK

はじめてのことだし、雑誌やパンフレットには色々書いてあるし、出産を控えてテンションも高いので色々買いたくなりますが、後々いらなかったー、となるものも多いです。

今やネットで何でも買えるしすぐに届くので、最低限揃えたらあとはぼちぼち、で間に合います。

着せる服の枚数などはこちらでまとめました。

赤ちゃん服は何枚着せる?夏は?冬は?枚数や種類のまとめ(新生児〜1歳頃)生まれたばかりの赤ちゃんの服装って、迷いませんか。 あの弱々しい存在に、できるだけ快適に過ごして欲しいと考えているのに、本当に快適かど...

出産準備の一番必要なのは、お母さんの「体力」

どんなに万全の準備をしたところで代えられないもの。それはお母さんの体力、気力です。

ママが倒れなければなんとかなる、ママが倒れたらもう為すすべがない、それが育児、特に低月齢の頃。

お母さんの助けになるようなグッズであれば、たとえ必須のものでなくても導入すればいいのです。
とにかく母親が倒れないこと。そのために何とかして睡眠と栄養を確保すること。

手一杯でそれどころではないですが、自分のケアもして下さい。お父さんは、是非ともお母さんの体を労ってください。

産後の体は、想像以上に弱っているのですからね。